2008年03月07日

 今日は一般質問3日目。無所属を中心とする7人の議員が質問に立ちました。
 ところで、先日28日の各党会派代表者会議で、自民党案として「少数会派や無所属の議員の一般質問の回数を制限する制度」が提案されました。内容は、会派の人数に応じて質問回数を割り振るものですが、これについては皆さん、どう思われますか?
 現在の議会内会派別人数は、自民29、民主にいがた8、社会民主県民連合2、共産1、公明各1、無所属8。このように圧倒的数を掌握する自民党がこのたび、「円滑な議会運営のために自民だけ犠牲になっている」「無所属が得をしていておかしい」などの理由から「質問回数を会派の人数によって公正、平等にする」として野党側に応じるよう迫っているのです。その中で、私の所属会派の「民主にいがた」では、「新潟県議会ならではの自由な議論を行うことのできる良き伝統を踏みにじる暴挙」と強く反発しています。
 野党議員にとって、質問権限は県民の声を議会に届ける貴重な手段のひとつです。確かに自民党の言い分にも一理ありますが、4年ごとにしか選挙がない県議会において、多様な意見を届ける機会を制限されることは、県民全体の暮らし向上という観点からすれば大きくそれることになるでしょう。
 私たち一期生が当選してから1年も経っていない状況で、かつこれまで無難に会期内でこなしきれていたものを変えようというのですから、その裏には別の思惑があるように感じてなりません。
 県民の声がより幅広く議会に届けら、それによってより豊かな議論が議場で醸し出されるのであれば、県議会議員として多少我慢をしてでもその機会を保つべきではないかと私は考えています。
  
 本日が終わり、これで今定例会も前半部が終了となりました。そして明日の議案調査日を挟み明後日から後半部に入ります。残り議会も全力で駆け抜けて参ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年03月05日

 今日は朝4時起き。そして5時からの会合に参加。恐縮ながらも演壇に立たせて頂きました。その際、昨日の卒業式に触れさせて頂き、卒業する彼らにとってこれから新しいステージに上がる気持ちは「不安」が先立つのか「希望」が先行しているのか。こうした気持ちを大きく左右するのが周りの環境であり、昨今の「不安」が先行しがちな世の中において、「希望」が先行する社会を皆さんとともに築き上げて参りたい、といったような内容のお話をさせて頂きました。
 11時、自衛隊入隊式・入校式に出席。これまでと同様、来賓として出席させて頂きましたが、懇談会での私の座席は「上越市」のテーブルではなくなぜか「妙高市」。隣の隊の方に「どちらから選出の方ですか」と聞かれてしまいました(笑)。
 その後、民主党新潟県連第6区総支部の総会・懇親会に出席。懇親会の場では乾杯の挨拶をさせて頂きました。民主党の方々はいわば身内のようなものですし、よく知った顔ばかりですので自然と笑顔がこぼれること。皆さんとお会いできる喜びが心を満たしてくれます。ありがたいものです。
 懇親会終了後、すぐに「JP労組高田支部結成レセプション」に来賓として出席。毎週火曜日は高田郵便局前で辻立ちしているので皆さんよく私のことをご存知だったのか、かなりフレンドリーに接して下さいます。ありがたいものです。これからもどうかご注目下さい。
 レセプション終了後、先ほどの懇親会の2次会にお呼ばれされ、直江津に直行。その場で嬉しいプレゼントを頂戴しました。なんと、私にとって初めての地域後援会が立ち上がったのです!!平成20年3月2日は私にとって一生忘れられない日となるでしょう。この後援会をきっかけに更なる飛躍をすることを改めて決意致しました。会長、今後とも宜しくお願いしますね。

 とにかく今日は嬉しいことばかりの一日。そして初の地域後援会発足ということで、私の歴史の中に平成20年3月2日という日がしっかりと刻み込まれました。今後、こうした私の中の歴史に残る日をたくさん作り上げて参りたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年03月05日

 今日は朝8時に梅谷事務所入り。一週間地元に戻っていなかったので、溜まっていた事務を水口さんとともに高速で処理します。
 9時50分、関根学園高等学校の卒業証書授与式に来賓として出席。政治家として初めてこうした類の式典に出席させて頂きましたが、体育館で行うため寒いのなんのって・・・。式典終了後には体の震えが止まりませんでした。式典前に来賓控え室に貼るホッカイロが置いてあったので何かと思っていたのですが、この寒さ対策のことだったんですね。次からは気をつけなくちゃ(笑)
 式典終了後、すぐに新潟市へ。昼過ぎから「民主にいがた自治体議員フォーラム」に参加し、県内水俣病に関する勉強会を行いました。
 次の会との時間の関係で、勉強会を中座し再び上越へ。安塚区で行われる「筒井・風間・梅谷 明日を考える会」に出席。筒井先生、風間さんの後に続いて10分強、約150名を前に県政報告を兼ねた訴えをして参りました。
 演説会終了後はお決まりの懇親会。大浦安の皆さんと懇親を深めて参りました。
 懇親会で皆さんとお話させて頂いたのち、上越JCサッカー部の新年会にかなり遅れてお邪魔。サッカー部が昨年行った試合のビデオを観戦しながら旨い酒と美味い手作り料理を堪能しました。小川さん、そして料理を作って下さった奥様、ありがとうございました!
 時計の針が翌日を指したので、明日は朝5時から会があることを考えさすがに中座。家に戻ると、結構ハードな一日だったせいかバタンキュー。明日の4時起きに備えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年03月03日

 今日は一般質問の2日目。私の出番です。民主にいがた議員のしんがりですが、質問順は本日のトップバッター。朝一番ということで、元気良く知事に問うて参ろうと意気込みます。
 9時30分すぎから、私の質問を傍聴して下さる方々が続々と私の執務室へ。お茶をしながら質問のポイントなどを話させて頂きました。
 次第に私の部屋の広さでは対応しきれなくなったので早めの傍聴席入りをお願い。その後を私もそろそろと、いらして下さった方々から頂いたパワーと読み原稿を携え本会議場へと向かいます。 
 議場に入り、いつものように議長に一礼してから自席に着席。そこで私の支持者の姿を見つけようと椅子をクルリと180度回して見上げると、なんと傍聴席には子供たちがワンサカ。真後ろの傍聴席だけでなく、サイドにある席も子供たちで埋め尽くされていたのです。すると周りの先生方から「梅谷君は子どもに人気があるなあ(笑)」などとからかわれる始末。決して私を見るために来ているわけではありませんが、将来の新潟県を担う貴重な逸材たちに対し、少しでも議場の雰囲気や政治の熱さを堪能してもらえればと、更に気合を注入です。
 10時、本会議開会。議長の一声に対し利き腕の左手を上げ「議長!」と応え壇上へ。知事に向かって「宜しくお願いします」と一言申し上げ、さあ対決です。
 言葉のメリハリに気をつけながら質問すること24分。そして一息ついて最後の訴えに入ります。

「本日伺った農業しかり、私学助成もしかり、そして佐渡汽船小木直江津航路についてもしかり、今の県の行政の進め方には共通項があると考えます。つまり、財政不足を旗印に効率化偏重に陥り地方自治体の重要な役割である公共性の側面がおろそかになっているのではないかということ、そして県民生活を揺るがしかねない大きな問題が不十分な情報開示のもとで粛々と推し進められてゆく感が否めないことです。
 新潟県全体の発展を見据えたとき、「効率化」と「公共性」の間を走る細い道を「新潟県の将来像」や「知事の夢」といった目的地に向けて上手くハンドルを切って頂くことが肝要ではないでしょうか。ただでさえ国による都市部への一極集中が解消されない中、国と市町村の間に位置する県までもが同じハンドルさばきをしていては、地方が崩壊しかねません。どうかこの想いを汲んで頂きながら知事のリーダーシップを発揮して頂くことをお願い申し上げます。
 本日2月29日は4年に一度のうるう年。かつてイギリスでは、4年間のうちでこの日だけ女性から男性へのプロポーズが伝統的に公認され、男性はそれを断ることができないとされていたそうです。
 昨晩、知事答弁から部局長答弁に変更となった質問がいくつかございます。このうち「社会政策を産業政策の補完的役割とするのではなく、産業政策と社会政策の両面を対等にミックスした基本姿勢を明確にすべき」との質問は今後の農政の根幹・哲学に関わる極めて重要な部分と考えておりますので、ここは日本ですし私は女性ではありませんが、このかつてのイギリスのジンクスにあやかって、知事ご本人から前向きなご答弁を頂戴しますことを心からお願い申し上げ、質問を終了致します。」
 
 そして4分ほど時間を余し、私の質問が終了しました。
 その後の知事答弁は、原稿に目を通すことが多く、いつものようになかなか踏み込んだ発言をもらうことはできませんでした。野党の悲運を噛み締めます・・・。
 しかし、最後に「プロポーズをされましたので」として、部長答弁だったものが、知事本人からの答弁に昇格。農業の基本姿勢について言及してくれたのです。ありがとう、泉田知事!祝、結婚!!
 その際の答弁は、「産業政策と社会政策を対等にミックスした基本姿勢である。梅谷議員と同じスタンスである。」といった旨の答弁をもらいました。今後は、この発言が言葉だけで終わらないよう、特に中山間地域対策などの社会政策に関わる施策と、それに対する予算づけに注視して参ります。
 知事と関係部局長からの答弁が終わると、いつものように再質問、再々質問までしちゃいました(笑)。再質問の中身は、①知事の「夢」に関する答弁が具体的なものになっていないのでもう一度、②「新潟米のブランド力強化のあり方検討会」の実態は知事の諮問機関にもかかわらず「要綱」の規定に沿った機関にしていないのは「情報公開」をしたくないとの表れではないか、③私学助成について知事は「慎重に議論する」と言ったが、いつその慎重な議論をするのか。3月末に「個を伸ばす教育のあり方検討会」の最終報告が提出されるため、その議論の時期が肝心だ、以上の3点。まだ突っ込んで聞いてみたい部分もあったのですが、再々々質問はできないためここでオシマイ。終了時間はちょうど11時でした。
 私の後のもう一人の議員の質問が終わると休憩。そして傍聴席へ向かい、皆さんと合流。共にランチタイム。質問を終えホッした気持ちと皆さんに会える喜びが、いつもの食事を数倍にも美味しく感じさせてくれます。

 午後からあと5人の一般質問を静聴。そして全日程が終了し次第上越戻り。久々に子どもたちとお風呂に入りました。
 明日、明後日と地元日程がふんだんに盛り込まれてますので、それに備えるべく早めの就寝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年02月28日

 今日は連合委員会2日目。3人の議員が質問に立ち、うち「民主にいがた」からは進直一郎議員が奮闘。自民党議員の2人に挟まれるプレッシャーのかかる順番でしたが、慣れているせいか緊張感もなんのその。独特の切り口から奏でる質問は見事でした。
 委員会終了後、後日に控える厚生環境委員会の質問に備えるべく予算案のチェックや担当者レクを受けるなど勉強に費やします。
 夕方、私にとっての新潟市のお父さんお母さんとも言える方々のご自宅へお邪魔。夕食をご馳走になりながら、積もりに積もった活動報告話に花を咲かせました。
 お腹も心もいっぱいにさせて頂いたところでそろそろおいとま。宿泊先のホテルへと向かいます。
 ホテルに戻ると、まずひとっ風呂浴び、さっぱりしたところで明日の質問の準備。作った原稿が30分以内に読み終わることができるのか予行演習したところ、約8300字の原稿を26分で読み終えることができました。これで明日は大丈夫ですね。
 そしてベッドに寝転がりながら読書。本日手に入れたバラク・オバマ(アメリカ大統領予備選出馬中のアノ人)著の「合衆国再生」を読みふけりながら夜がふけていきます・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加