2008年02月28日

 今日は連合委員会の第1日目。自民と民主それぞれの代表によって、お昼を挟んで質疑が交わされました。
 連合委員会の場合、代表では一人1時間30分、一般であれば一人1時間が持ち時間です。本会議での一般質問がほぼ一日かかることを考えると、時間的拘束の面からはかなり楽な気持ちとなります。
 昼の休憩時間には「新潟県文化振興議員連盟」の定例会に出席。講師に北川フラム氏をお呼びし、「アートによる地域の振興が世界の潮流」というテーマで講演を頂戴しました。
 北川氏は現在、新潟市美術館の館長を務められるとともに、大地の芸術祭の総合ディレクターをされている方で、東京芸大美術学部をご卒業後今日に至るまでに数々の賞を受賞されているのですが、なんと旧高田市のご出身なのです。上越ご出身と知った途端に一気に親近感が湧いてくるから不思議ですね(笑)。
 講演の中身については長くなるので割愛しますが、いかにアートが地域の活性化につながるかということ、そして地域を巻き込んだアートこそが21世紀型であり大きな可能性を秘めている、などということを熱を込めてお話されてました。
 その中で、私が強く共感したことがあります。それは「自然の価値を再び見直し、それを住民が一緒になって盛り上げてゆくべき」ということ。私が演説会などで常々申し上げているのが「新潟県にふんだんにある海・山・川・里や米・酒・魚の価値を再び見つめ直し、それらを産業クラスターや歴史・伝統・文化などに絡めて盛り上げてゆくことが新潟県の個性を更に光り輝かせることにつながる」ということです。
 まちづくり・地域づくりの媒介としてのアートの活用について語る北川氏は、「夢」を語る少年のような純粋な輝きに満ちていました。その熱い刺激を受け、今後私も上越そして新潟県のために注いで参ろうと決意を新たにしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年02月26日

 本日は2月定例会初の一般質問の日。7人が控えているので、一人頭約1時間ということを考えると、終了時刻は休憩を挟んだ単純計算で18時過ぎになります。その間はずっと本会議場で座り続け。結構大変です。ですが、質問に集中し、気になる質問や答弁などを「要チェックや」とメモします。
 私の質問通告締め切りは明後日の27日まで。完成率で言えばまだ半分にも達していない状況でしたが、それもこれも質問がかぶらないよう25日の質問結果を待とうとする戦略からでもあります。その分、私の質問とりの担当者さんにはご迷惑をおかけすることになりますが、少しでも意義あり意味ある良質の質問をさせて頂くためですのでどうかご容赦下さい(笑)
 議会終了後、そのまま宿泊先ホテルにチェックイン。ニュースに目をやりながら質問原稿の執筆に集中です。
 さてさて、明日までには出来上がるかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年02月26日

 昨晩から最終調整に入った執筆活動でしたが、26日の午前中にようやく質問原稿全文が完成しました。
 午後、同僚の石塚県議とともに見附市の県営中部工業団地内にある「インランド・デポ」に視察。「インランド・デポ」とは、港湾・空港以外の内陸部の工業地域などを中心に立地し、税関派出所(政令)の設置により通貨員行為ができる税関官署と、保税地域との両方を併せ持った物流基地のこと。主な機能としては、貨物の集配、通関業務、保管などで、多くの貿易貨物がコンテナ化されている現在、主としてはコンテナの集配、コンテナへの荷詰め、取り出しなどを行うフレートステーション機能を有し、貨物流動(荷送人→コンテナ船寄航地、コンテナ船寄港地→荷受人)の効率化とコンテナ貨物輸送の営業の拡大を目的としています。
 新潟県では、県が建設設置したインランドデポ施設を商船三井ロジスティクス(株)が賃貸し、事業者として管理を行う形態をとっています。物流コストの削減に資するこうした創意工夫は重要です。皆さんも「インランド・デポ」にご注目を。
 
 話を29日の私の質問に戻すと、今回のテーマは「効率化と公共性のはまざで」とでも申しましょうか。この問題意識をもとに、①知事の政治姿勢について、②平成20年度予算案について、③農業について、④私学教育について、⑤佐渡汽船小木直江津航路について、の5点について質問をします。
 私の出番は29日の10時から。30分しゃべって、その後30分ほど答弁をもらうので、終了時刻は11時頃まででしょう。私の後にもう一人質問してお昼に突入しますので、そこで傍聴された方々とお昼ご飯をご一緒させて頂く予定です。
 県議会に行ってみたいという方や梅谷がどんな質問するのか興味があるといった方々など、傍聴をご希望の方は梅谷事務所までジャンジャンお問い合わせ頂ければ幸いです。
 一人でも多くの方のご参加を心からお待ちしてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年02月18日

 今日の午前中は質問作りの準備。パソコンを前にしつつも、専ら頭の中での質問項目整理に費やします。
 少し早めの昼食後、12時からフットサル(5人対5人のミニサッカー)の練習試合に参加。明日から議会が始まれば、1ヶ月間体を動かすチャンスが無いとの思いで汗をかいて参りました。
 フットサル終了後、筒井代議士を交えての「県政・国政 意見交換会」を開催。テーマを「農業」に特化し、出席者と大変興味深い議論を交わして参りました。休日の、そして足元の悪い中出席して下さった皆さん、ありがとうございました。
 
 明日から私にとって初めてとなる予算を審議する2月議会がいよいよ開会します。まずは29日の一般質問に向けて全力投球の日々が始まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年02月18日

 今日は午前中、上越市男女共同参画推進センター交流会の主催する「わくわく交流会-笑顔でつながる人と人」に参加。4人グループの2班に所属し、生活の中から垣間見える課題について自由に意見交換を行って参りました。
 実は私、この会を新聞記事で知り自ら応募したのでした。というのも、上越市は男女共同参画の分野では第一線にあると伺っていたこと、男性には無い女性ならではの素晴らしい能力を更に社会に活かすことがこれからの日本にとって大きな推進力になるとの考えがあるからです。また、私は「厚生環境委員会」に所属する身。ここでは男女共同参画も検討事項に入るため、現場の生のお声を頂戴したく鋭意参加させて頂いたのです。
 活気ある議論はとても刺激になりましたし、私の知らない女性にとっての現実があることを知ることができ大変勉強になりました。主催者の皆さん、どうもありがとうございました。
 
 12時に交流会を中座し、次は「かも鍋の会」に参加。昨年に引き続いてのお誘いでしたが、このかも鍋汁の旨いことといったら!!ついつい日本酒までもすすんでしまいました。
 
 かも鍋会終了後、JPU高田支部解散式に出席。昨年10月の郵政民営化によって32年間続いた全郵政労組の歴史に終止符が。そこで「おめでとうございます」とも言いづらく何というべきか戸惑いながらも、出席者の皆様に今後ともの連携をお願いして参りました。
 
 恐縮しながらも解散式を1時間で中座し、本日最後の日程となる「ふみ子の海」上映会に20分遅れで参加しました。これは上越市と柏崎市が主な舞台となった映画でして、地元の県議として見ないわけにはいきません。上越市内での上映はおそらく本日が最後となるだろうということで、駆けつけ鑑賞させて頂いたのです。
 映画の総時間は1時間50分ほどだったでしょうか。観終わった感想としては「あっという間」と「切なさによる涙」。あまり詳しく述べるとまだ観ていらっしゃらない方々から苦情が来ることも考えられるので(笑)あえて申し上げませんが、とにかく「素晴らしい映画」!!これまでの私の人生におけるベスト映画はダントツで「ゴッドファーザーPart1」でしたが、その地位も揺らぐ勢いです。まだ観ていない方がいらっしゃれば、かなりなお薦めの映画ですので、機会を見て是非ご覧になってみて下さい。
 
 余談ですが、「ふみ子の海」のフィルムは20万円でお借りすることができるとか。これが事実だとすれば、私の支援者を集めて1000円会費で鑑賞会を開いてみようかしら。
 この極上作品の素晴らしさを一人でも多くの方に伝えるべく。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加