2007年12月25日

 今日は夜9時からのNHKスペシャルに義父である筒井信隆先生が出るというので、家族揃ってテレビの前に大集合。日頃あまりテレビを見ない私も冬の風物詩である「おこた(こたつのこと)」にくるまり番組を拝見しました。
 番組は、2大政党制に近づいている現状と課題についてまとめるもので、筒井先生の出番は中盤あたり。「農業者戸別所得補償法案」のとりまとめ役として、地元と国会での活動にスポットが当てられていました。
 見終わった後の私の感想は、この番組編集者は、与党に対しては危機感を煽り、野党に対しては地に足の着いた政治をと警鐘を鳴らす、非常にメッセージ性の強い番組だなと感じたことです。
 とかく2大政党制における「ねじれ国会」は国政の停滞を招きかねないなどという批判に近い声も耳にします。しかし、私はこの状態を「真の政権交代に向けた産みの苦しみ」だと考えています。長年の一党支配によって溜まりに溜まった膿を根こそぎ出すためには避けて通れない苦しみであり、ここを国民の皆さんと乗り切ることで初めて真の政権交代が実現し、政治が新たな時代に突入するのです。
 苦しみに耐えかね中途半端な改革で終えるのか、それとも苦しみを乗り越えた先の抜本改革を望むのか。まっとうな未来に向けた国民の選択が今問われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月25日

 議会が終わって初日の今日は事務処理に終始。郵送ブツ等が溜まっていることなんのって!手際良く処理しつつも、議会中に集めた資料の整理なども行っていたら気づけばもう夕方近くでした。
 その後、愛車「とことん号(自転車)」で近所の美容室へ。一瞬、床屋で顔剃りしてもらおうかとの考えもよぎったのですが、この寒い季節に産毛全部を剃ることは体感温度を更に下げかねないとの判断で美容室にしました。
 1時間ほどかけて散髪終了。おかげ様でサッパリしました(笑)。その後1件忘年会に参加し、一日が終了。
 年末年始は挨拶まわりと決めていますが、明日・明後日はお休みですので留守宅が多いことを考えると、本格活動は連休明けからとなりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月22日

 今日は12月定例会の最終日。最後の本会議を前に、民主にいがた所属議員の意思を統一するべく党議を開催。冒頭、幹事長から議会運営委員会の報告を受け、その後、提出議案に対する賛否の確認や懸案事項についての協議を行いました。
 昼食をはさみ13時、本会議開会。いつものように各委員会の審議結果に関する委員長報告からスタート。その後、19年度一般会計補正予算を始めとする「議案」計39件、「請願」5件、「陳情」6件について採決を行いました。
 その中で個人的に嬉しかったのは、私学助成を促進する「すべての子どもたちにゆきとどいた教育をすすめる」請願が賛成多数で可決されたことでした。以前、私の事務所で要望の声を受けて以来取り組ませて頂いている案件だからです。本日踏み出した一歩を機に、更に流れが加速するよう引き続き訴えて参る所存です。
 所要時間1時間弱で本会議が閉会。これをもって12月定例会が終了しました。
 本会議後、民主にいがた会議室に再び集合し、知事挨拶と県警本部長挨拶を受けます。
 その後私は本庁に伺い、今議会中お世話になった県幹部の方々に御礼挨拶まわり。皆さん、良いお年をお迎え下さい。
 挨拶まわりを終えると地元上越へ。2件の会合にお邪魔し全日程が終了です。
 5日から始まった12月議会でしたが、アッという間に終了したというのが私の感想です。それだけ充実していたと言えるのでしょう。こうして活動させて頂けるのも、まさに私に投票して下さった有権者の方々のお陰様。改めて感謝の気持ちがふつふつと沸いてきます。
 次は2月18日に開会予定の2月定例会。6,9,12月議会と異なり予算が絡むため1ヶ月の長期議会となります。この未知なる体験に備え、より多くの県民からお声を伺うべく年末年始も駆けて参ります。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月21日

 「道路特定財源 揮発油税の暫定税率、民主にいがた『維持』要望、党本部と〝ねじれ〟」
 今日の新潟日報4面にこんな記事が。確かに、一昨日の民主にいがたの党議で、自民党が提出する暫定税率維持の意見書に賛成する方向で一致しました。
 ここで私の考えを一言。
 これまで民主にいがたが同種の意見書に賛成してきた経緯があることや、地方にとって道路などの社会資本整備の重要性を考えれば、暫定税率廃止によって生じる県と県内市町村で計282億円もの減収には耐えられないとの見解から、私は「暫定税率維持」に合意しました。
 しかしながら、そもそも現政府与党の枠組みの中だから耐えられないのであって、民主党が政権を担えば予算の枠組みそのものが変わるので〝ねじれ〟はなくなります。
 この問題は、突き詰めれば「暮らし」と「道路」のどちらに予算を配分するかということ。民主党本部は今回、このたびの原油高騰の状況を受けガソリン1リットルあたり25円10銭安くするべく「暮らし」に焦点を当てる方向で検討するとともに、地方への配慮として地方が道路事業を含めて自由に使える交付金を配分する案を打ち出していると伺っています。
 こうした状況の中で県議会議員の私がやるべきことは、現政権のもとでは「維持」を唱えつつ、一方で民主党の政権交代実現に全力を挙げることで、将来的に「暮らし」と「道路」の双方を見渡せるよう訴えることです。
 高騰を続ける原油価格が来年には下がることを期待しつつ、地方の窮状を訴えながら県民生活の向上に努めて参ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月20日

 今日は議案調査日ということで議会はお休みですが、私は朝から執務室に入り、午前中は地元からの陳情・要望処理を行ったり近々出す予定の「議会だより(仮称)」を作成するなどの事務処理に終始。
 午後は新潟市内で私を支援して下さっている方々をご挨拶まわり。できるだけ定例会ごとに顔を出すようにしているのです。
 
 ここ最近夜は会合に終われるアルコール漬けの毎日を送っていましたが、久々に本日はアルコール抜きのゆったりとした夜を過ごさせて頂きました。議会終了後に地元に戻ればいよいよ始まる忘年会の嵐に備え、貴重な休肝日です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加