2007年02月09日
2007年2月8日 JCの夜

 今日は木曜日なので、253号線と8号線のぶつかる三ツ屋交差点で朝の定例辻立ちを行いました。
 辻立ちする時に迷うのが「どの角に立つか」ということ。ハンドマイクひとつなため、声が自分の正面方向からしか広がらないからです。
 この日は気分を変え、いつもと対角の場所で辻立つことに。ところがこれが失敗。大型トラックが自分の目の前を頻繁に左折通過する角だったために、トラックに声が反射しハレーションを起こすこともしばしば。また、終った後、排気ガスからか何となくノドに違和感が。ナルスさんに向いているので方向的には良いのですが、これでは考えものです。来週はどの角にしようかな。
 その後、夕方まで挨拶回りを行い、19時から上越青年会議所(上越JC)の「2月例会・懇親会」に参加。同期とともにJCメンバーの先輩方と激しい酒盃のもと親交を深めます。
 そんな中、私の所属する「オリエンテーション委員会」のボスである内山委員長のお誕生日が9日という情報を入手。日付が変わってから皆でお祝いをしようという流れになり、私もお付き合いすることに。そして、場所を同期の竹越くんが経営する仲町のカラオケ屋「NINJA」に変え、「HAPPY BIRTHDAYUCHIYAMA!!」。そんなこんなでうっかり付き合っているうちに、気づけばなんと夜中の2時に。おいおい、今日はこれから朝の辻立ちぢゃないですか・・・。
 とかくJCは「飲み会の会」などと揶揄されますが、確かにパッと見これじゃあ飲んでばかりと言われても仕方のない面がありますね。しかし、「飲みニュケーション」というオヤジ言葉もあるように、飲みによる親交が強固な一体感を醸成するのも事実。私としては、まずは批判などせずJC活動全体に触れ、それから良し悪しを判断し、良い面を吸収するつもりで今後とも参加させて頂きます。
 でも、次回からは12時前には帰ろうっと。
 

Comments are closed.