2007年02月23日
2007年2月21日 話法免許皆伝を目指して

 今日は石橋交差点のマクドナルド前で辻立ち。先週と打って変わってのカラッカラの晴天だったので、青空に向かって気持ちよく声を張り上げて参りました。
 演説終了後、家に戻り子供たちを幼稚園へ。その後、午前中は事務処理や電話かけ。昼食をはさんで、午後は挨拶回り。そして夜、上越JCのオリエンテーション委員会に参加です。
 今回のオリエンテーション委員会からいよいよ「3分間スピーチ」が始まりました。話す順は特になく、これから毎委員会、委員長ほか幹部の独断と偏見で数人話し手を選び、それを同期メンバーが5段階評価で、「顔の表情」・「声の調子」・「話の関心度」・「話のまとまり具合」・「時間配分」・「総合評価」の項目で評価を下すというもの。これはヤですねー。今の仕事柄、話すことは多少慣れつつありますが、人から数値で判断されたりするのはなにせ初めてのことですので。また、誰が話すかはその時になってみないと分からないというのもキツイ。まるでロシアンルーレットのように拳銃をこめかみにあてながら、「何話そう・・、何話そう・・」と頭の中で呪文の如く繰り返す状況。そうしながらも、話し手を評価しなければならないので、耳はお話に注意しなければなりません。結局、私は指名されませんでしたが、次回からまたドキドキですね。何話そうかな。
 3分スピーチが終わった頃、誠に申し訳なかったのですが中座させて頂き次の会へ。糸魚川市議の田原さんからのお誘いで「RICKY(廣田龍人)Beatlesライブ」に参加させて頂きました。生バンドを間近で見ることのできる滅多に無い機会です。
 RICKYさんお一人によるギター演奏と歌唱でしたが、いざ始まってみると、その迫力の凄さったら!流石プロですね。しかもRICKYさんの頭の中にはビートルズ関連の曲が300曲も完全に入っているというぢゃありませんか。実際、リクエストを募ると、どんな曲でも素晴らしい演奏で応えてました。アッパレです。
 ビートルズの「残り香」ならぬ「残り音」に酔いしれながら家路につき、本日の全日程を終了しました。
 政治家は話すことが商売とも言えます。3分間スピーチで幅を拡げつつ、RICKYさんのプロ根性を参考にしながら、「梅谷流話法」の皆伝を目指し日々精進して参ります。
 
 
 

Comments are closed.