2007年03月06日
2007年3月5日 迷惑くんからのお返し

 今日は月曜なので本来なら謙信公広場前で辻立つはず。ですが、松下電器労組さんのお誘いから、会社入口前で「おはようございます!」のあいさつ辻立ちをさせて頂きました。
 私にとってあいさつ辻立ちは初めての経験。何をしたら良いのかよく分かりませんでしたが、とりあえず、次々と訪れる人波に対し元気よく挨拶するとともに笑顔でこちらから歩み寄り、なかば強引(?)にひとりひとりに握手を求めました。
 人波の中には、ほんのわずかでしたが、インド人や中国人とおぼしき外人さんもいたりして。彼らには「ナイストゥーミーチュー」とたどたどしい英語を使ってしまい、「ここは日本なんだから日本語でよかったぢゃないか・・」と半ば自嘲気味につぶやいてもみたりします。っていうか、彼らにそもそも選挙権はあったのでしょうか。
 懸命のあいさつ辻立ちも8時15分に終了。まさにアッという間でした。準備に携わり、かつ一緒に辻立って下さった松下労組の皆様、本当にありがとうございました。また、握手をして下さった皆様、早朝からお邪魔し申し訳ございませんでした。ご協力ありがとうございました。
 その後、9時の集会に参加するため急いで会場に向かいます。その集会が終了すると、お昼をはさんで夜まで挨拶まわり。私の相棒(自転車)とともに上越市内を熱く駆け巡ります。
 夜、上越JCの第5回オリエンテーション委員会に出席。「わんぱく相撲」や「クリーンナップ作戦(ごみ拾い)」など、目前に迫るイベントについての打ち合わせを行います。終了後、内山委員長を囲んで少人数での夕食を兼ねた軽い飲み。内山さん、いつも温かく面倒見て下さってありがとうございます。
 それにしても、あいさつ辻立ちは、される側からしたら一体どんな気分なんでしょうね?私が逆の立場なら、自分で言うと元もこうもなくなるのですが、結構な迷惑。朝の通勤ラッシュで急いでるところ、行く手を遮るのですから。
 ですが、選挙(今は告示前なので、正確にはその準備行為)とはどうやっても迷惑をかけてしまう行為です。何としても当選を果たし、世のため人のためにしっかりと仕事をすることで、かけてしまったご迷惑がお返しできるというものじゃないのでしょうか。
 ということで、今後も臆することなくバンバン迷惑くんとなって参りますので、どうか温かくご容赦頂けたら幸いです(笑)

Comments are closed.