2007年03月13日
2007年3月12日 改めて、さようならババちゃん

 今日は謙信公広場前で辻立ち。ここ数日で積もった雪の塊にのぼりを突き立て、付近に私の屋外ポスターを貼った看板を立てて戦闘準備OK。演説スタートです。
 すると因果なことに吹雪いてきました。雪を伴う冷たい風が私の身体をなでまわす中、時折奏でる強風が私の看板を倒そうとするので足で抑えながら必死で訴えました。
 1時間の演説を終えると、急に痛みを伴うほどの凍えが手足の末端を襲ってき、その強烈な寒さからガタガタ震えが止まりません。そこで暖をとりに一旦家に戻ることに。
 家に着くと、すぐにストーブ目がけてまっしぐら。体育座りの姿勢で、少しでも多く暖を吸収するかのように両手を火に向かわせ体を縮めます。
 ようやく体も温まった頃でしょうか。妻が私に一言漏らしました。「先ほどおばあちゃまが亡くなられたそうよ・・」。私の母から妻に電話があったそうです。私の凍えは祖母の最後とダブっていたのでしょうか。
 祖母が亡くなったのは9時27分。親族が病院に集い、祖母の体を清めているとのことでした。「山場」と言われてから3日。この3日間は、神様が祖母に与えてくれた最後の贈り物だったのでしょう。89歳の命。本当にお疲れ様でした・・。
 祖母には大変申し訳ないのですが、先日のお別れを最後にし、私はお通夜・葬儀には行きません。ここ上越で政治に集中します。というのも、私は今、本当に多くの方々からご期待を頂いているのですから。「身内は後」。政治の基本です。
 ババちゃん。できれば当選を果たした姿を見せたかったけれど、それももう叶いませんね。ですが、天国で見ていて下さい。そして、可愛がってくれていた守が世のため人のためにしっかりと働く姿を見ていて下さい。
 改めてありがとう、そしてさようなら、ババちゃん。

Comments are closed.