2007年07月08日
2007年7月7日 おりひめとひこぼしの出会い

 今日は午前中、溜まっていた事務処理に終始。議会も閉会し、ようやく腰を据えて事務作業を行うことができます。
 13時、「新潟県隊友会定期総会」に出席。来賓の一員として皆さんにペコリ一礼して参りました。
 会を1時間ほどで中座。そして、待ち合わせしていた民主党県連車に乗り込み、来る参院選の応援街宣に参加します。久々の街宣活動に多少戸惑いながらも元気一杯声を張り上げ訴えて参りました。 
 一昨日に閉幕した国会では、終盤になって安倍内閣の支持率低下が止まりませんでした。急落の原因は、世間の批判を浴びながら問題大臣たちを庇い続けてきた中で一気に表面化した「消えた年金」にあります。
 政・官・業の癒着、社保庁の杜撰さ、渡り鳥の如くの天下りで膨大な退職金を搾取する高級官僚たち等々、聞くに耐えない腹立たしい構図が未だはびこっているのが現状。今政治が戦うべきはこの内部腐敗構造にあることは間違いありません。与党の自浄作用には最早期待できない中、求められるは「政権交代」でしょう。
 今日は七夕の日。一年に一度だけ「おりひめ(織女 )」と「ひこぼし(牽牛)」が天の川の上でデートをする日です。そしてこの日は、願い事を書いた短冊を笹の葉につるしおりひめ星に技芸の上達を願うことのできる日でもあります。私は、笹の葉に「黒岩たかひろさんの当選」を描き、「おりひめ(民主党)」が「ひこぼし(政権交代)」に出会えるよう祈りましょう。

Comments are closed.