2007年10月02日
2007年9月28日 一般質問1日目

 今日は一般質問の日。自民党から3人民主党から3人の計6名による論戦が繰り広げられました。
 ところで、新潟県には副知事が3人いらっしゃることを皆さんはご存知でしょうか。この「副知事の議会中の存在感」について、同僚の石塚県議と話題になりました。
 私の記憶に間違いが無ければ、先の6月定例会と今回の9月定例会とも、議会において副知事の肉声を伺ったことがありません。もちろん、誰も答弁を副知事に求めないということもあるのでしょうが。いつか副知事にも答弁を求めてみようかしら(笑)
 ここで私の考えをひとつご紹介。委員会にこそ副知事に出席して頂き、知事の代わりにご答弁を頂くのが望ましいのではないかとも思っております。今の委員会には関係部局長の方々をトップとする県官僚の方々しか出席しないため、方針についてなど一歩踏み込んだ質問がし辛いのが現状と考えるからです。確かに、国会の大臣や副大臣と違って、副知事は選挙で選ばれた方々ではないのでどこまで実効性があるのか不透明な点もありましょう。しかし、知事から任命を受け時には代理行為も行う副知事から責任ある答弁を頂くことで委員会質疑もさらに骨太なものとなるのではないでしょうか。
 とはいうものの、これは議会運営マターなので、私の及ぶところではありません。あくまでも個人的な考えとして温め、いつになるかはわからぬチャンス到来時に提案してみたいものです。

Comments are closed.