2008年01月21日
2008年1月18日 第169回通常国会開会

 今日は午前中、私を支援して下さっている団体の代表者計5名とともに、県の出先機関である上越地域振興局と妙高砂防事務所へ。新年のご挨拶を兼ねた要望活動を行いました。職員の皆さんにおかれましては、ご多忙にもかかわらず会議室にてお時間を取って下さり誠にありがとうございました。
 要望終了後、団体の皆さんとともに昼食。地元の色々なお話を伺わせて頂けるのは大変勉強になりますし、なによりも皆さんと一緒の食事はいつもよりも美味しく感じます。今後も皆さんとともに全力で地域活性化に取り組んで参ります。
 昼食後、一旦事務所へ戻って事務処理してから挨拶まわり。
 16時、とある支援者宅にお邪魔し今後の活動等について打ち合わせ。18時、直江津にて懇親会に参加し今日の全日程が終了。本日も一日があっと言う間でした。
 
 ところで、今日から通常国会が始まりました。県議の私が申し上げるのも恐縮ですが、福田首相の所信表明は見事にあっさりしたもの。改革の方向性のイメージが伝わってこない内容です。福田さんご自身が改善に向けた具体策を見出せずにいるのではないでしょうか。後手後手の政権運営を強いられているという感が否めません。
 今国会の最大のテーマは「ガソリン」と言われています。ガソリン税の暫定税率維持を盛り込んだ予算関連法案の審議に民主党は一体どのような議論をもって「火」を注ぐのか。果たしてその「火」が「衆院解散」という名の「炎」にまで燃え広がるのか否か。先の臨時国会に続く、政権を賭けた「ねじれ国会」の熱い論戦第2ラウンドのスタートです。
 
 
 

Comments are closed.