2008年02月18日
2008年2月16日 ふみ子の海

 今日は午前中、上越市男女共同参画推進センター交流会の主催する「わくわく交流会-笑顔でつながる人と人」に参加。4人グループの2班に所属し、生活の中から垣間見える課題について自由に意見交換を行って参りました。
 実は私、この会を新聞記事で知り自ら応募したのでした。というのも、上越市は男女共同参画の分野では第一線にあると伺っていたこと、男性には無い女性ならではの素晴らしい能力を更に社会に活かすことがこれからの日本にとって大きな推進力になるとの考えがあるからです。また、私は「厚生環境委員会」に所属する身。ここでは男女共同参画も検討事項に入るため、現場の生のお声を頂戴したく鋭意参加させて頂いたのです。
 活気ある議論はとても刺激になりましたし、私の知らない女性にとっての現実があることを知ることができ大変勉強になりました。主催者の皆さん、どうもありがとうございました。
 
 12時に交流会を中座し、次は「かも鍋の会」に参加。昨年に引き続いてのお誘いでしたが、このかも鍋汁の旨いことといったら!!ついつい日本酒までもすすんでしまいました。
 
 かも鍋会終了後、JPU高田支部解散式に出席。昨年10月の郵政民営化によって32年間続いた全郵政労組の歴史に終止符が。そこで「おめでとうございます」とも言いづらく何というべきか戸惑いながらも、出席者の皆様に今後ともの連携をお願いして参りました。
 
 恐縮しながらも解散式を1時間で中座し、本日最後の日程となる「ふみ子の海」上映会に20分遅れで参加しました。これは上越市と柏崎市が主な舞台となった映画でして、地元の県議として見ないわけにはいきません。上越市内での上映はおそらく本日が最後となるだろうということで、駆けつけ鑑賞させて頂いたのです。
 映画の総時間は1時間50分ほどだったでしょうか。観終わった感想としては「あっという間」と「切なさによる涙」。あまり詳しく述べるとまだ観ていらっしゃらない方々から苦情が来ることも考えられるので(笑)あえて申し上げませんが、とにかく「素晴らしい映画」!!これまでの私の人生におけるベスト映画はダントツで「ゴッドファーザーPart1」でしたが、その地位も揺らぐ勢いです。まだ観ていない方がいらっしゃれば、かなりなお薦めの映画ですので、機会を見て是非ご覧になってみて下さい。
 
 余談ですが、「ふみ子の海」のフィルムは20万円でお借りすることができるとか。これが事実だとすれば、私の支援者を集めて1000円会費で鑑賞会を開いてみようかしら。
 この極上作品の素晴らしさを一人でも多くの方に伝えるべく。 

Comments are closed.