2008年03月13日
2008年3月12日 議運の動向

 朝、上越から県議会へ。執務室にて溜まっていた事務を処理。合間に、気になる行政施策の動向について担当者に来て頂きレクを行うなどします。
 13時、本会議開会。約664億円に及ぶ繰越明許費に対する議会承認が主な目的で、所要はたったの5分程度。終了直後、本会議場から委員会室に舞台を代え厚生環境委員会。こちらも5分ほどで終了しました。
 各委員会終了後、議会運営委員会が開会しました。主な議題は「一般質問の回数制限について」。私は委員でないので参加できませんでしたが、その協議の結果がどうしても気になります。執務室で仕事をしつつも、いつもよりも長引く議運からの報告を今か今かと待ちわびます。
 結局、この問題に関する議運での協議は本日をもって打ち切られたとか。平行線をたどる議論に終止符を打つべく多数を握る自民党がいよいよ最後の押し切りに入りました。
 自民党案でゴリ押しされるのか。それとも非自民会派の要望が叶うのか。18日に行われる議運の採決の動向に注目です。

Comments are closed.