2008年04月05日
2008年4月4日 県中越大震災対策本部解散

 今日は午前中、1歳4か月の長女の保育園入園式に出席。会場は、たくさんのかわいらしい子供たちと、その成長の節目を目やカメラに焼き付けようとする親御さんたち、そしてこれから大変お世話になる先生方でいっぱいでした。
 本日を機に、娘は初めて家族以外の人間と関わりを持つことになります。こうやって少しずつ親から離れていくのですね。正直切なさが否めません。娘の成長の喜びとこの切なさとが混在する記念すべき式典でした。
 入園式終了後、美容室へ。これからの季節を考えると、一度短髪にしてみるというのもアリですかね(笑)
 14時、「県立直江津中等学校入学式」に来賓として出席。厳しい試験に選ばれただけあって、新入生のほとんどが良い姿勢と目つきをしていました。なかでも印象に残ったのが、在校生代表挨拶に対して述べる、新入生代表者による決意挨拶。その内容と落ち着いた話しぶりからは、つい先日まで小学生だったのがとても信じられないもの。地域の将来を支える逸材たちを目の当たりにし、大きく胸が躍りますし、大きく成長して頂くことを心から期待します。
 入学式終了後、挨拶まわり。夕方、事務所に戻り事務処理。夜、秘書の水口さんと来週から梅谷事務所で働いて下さる安達美智子さんと3人でささやかな「安達さん歓迎会」を開催。安達さん、これから末長いお付き合いを宜しくお願いしますね。

 ところで、話はガラッと変わりますが、本日をもって中越大震災の県災害対策本部が解散しました。これにより震災発生から3年半で最大52あった災害対策本部すべてがなくなったことになります。
 災害復旧に対する関係各位のこれまでの取り組みに心から敬意を表しますし、今後、中越沖地震対策と並行しながら「中越大震災復興本部」を中心に真の復興が一日も早く成し遂げられることを期待します。もちろん、私も全力をもってそのお手伝いして参ります。

Comments are closed.