2008年06月26日
2008年6月25日 6月定例会開会

 今日から6月定例会が開会。会期は7月11日まで。新潟県に山積する課題についての集中審議のスタートです。
 思えば、昨年の6月定例会は私にとって初めての議会でした。それから早1年が経ち、昨年と同じく今回もこの時期、質問の準備に奔走中でございます。
 本日は10時から民主にいがたの党議。主な議題は、泉田知事が自身のこれまでの任期に行った政策に対する評価を取りまとめた報告書案を確認することです。「県議団として」了承した報告書は、28日の民主新潟県連幹事会に上程するいわば「たたき台」。そして、その日以降から10月の知事選に臨むにあたり「政党としての」本格的な議論に入ることになります。知事選に対する民主党の最終的な姿勢はどうやらセミの鳴く頃となりそうです。
 党議終了後は13時から本会議。メインとなる知事所信に聞き入ります。知事の話の中で印象に残ったのが、明らかに農業に関する記述が増えたことです。昨今の食料安全保障から始まる食料自給率向上の問題意識が、いよいよ泉田知事にも植え付けられたということでしょう。この知事の姿勢については、私の質問時に直接確認して参りましょう。
 私の一般質問は30日の午後2時すぎ頃からを予定しています。
 興味のある方いらっしゃいましたらドシドシ傍聴にいらしてみて下さいね。心からお待ちしてます。

Comments are closed.