2008年12月02日
2008年11月28日 NPOセミナー

 本日は普通会計決算審査特別委員会の知事総括質疑。質問には私の会派から一人、そして共産党と無所属からそれぞれ一人ずつがたちました。
 この決算委員会での質疑というのはなかなか難しいですね。質問の距離感というか、決算と一般質問の区切りが見出しづらく、どうしても決算の内容から多少なりとも外れて質問をしてしまうことがあります。こちらとしては、間接的にも決算に関わるだろうとして質問しても委員長からたしなめられる場面もあったりして。国会では予算委員会であれだけ予算とは直接関係ないことが議論とされるのに・・・。まあ、あれもどうかなと思う部分はありますが。
 いずれにしても、今の県議会の中で決められたやり方に従うしかありません。日々これ勉強ですね。
 3人の質疑でしたので午前中には終了。その後は昼食もとらないまま質問づくりに没頭。そして執務室の閉室時間近くになって上越に戻りました。
 
 19時、ニートやフリーターを支援すべく先日立ち上がったNPO法人「えちご若者元気塾」のセミナーに理事の一人として出席して参りました。
 三条サポステ事業のサテライトとして活動してこられた実績として、実際に就職に結びついた元引きこもりの方々から話を伺うとともに、そうしたお子さんをお持ちで悩んでらっしゃる親御さん方から、自らの体験談に基づく大変貴重なお話を伺うことができました。
 セミナー終了後、JCの3世代交流会に懇親会から参加。2次会のあたままで参加していると、気づけばすでに時計の針は翌日を指しているぢゃないですか。明日もまた早いので中座させて頂きました。

 それにしても、本日のNPOのセミナーは、個人情報にもなりうるので詳しい内容については述べませんが、皆さんからお話を伺い、私自身もらい泣きしてしまうほどでした。
 苦しみ悩む方々の切実なるお声を少しでも多く受け止めさせて頂ける大変貴重なセミナーですし、それを受けて今後NPOとしてなにをどこまでしていかねばならないのか。真剣に考えていかなければなりません。

 「えちご若者元気塾」を今後とも全力で応援して参ります!

Comments are closed.