2007年02月16日

 今日は木曜なので三ツ屋交差点で朝の辻立ち。なんの因果か、演説を始めた途端に吹雪が襲ってきました。強烈な寒さが骨身に凍みます。傘を持っていると手振りができないので「雨じゃなく雪だから大丈夫」と心の中で言い聞かせ、傘をささずに頑張ることに。強風を伴う吹雪だったので、足を肩幅くらいに広げ風に身体が押し流されないよう踏ん張りながら全力で声を張り上げて参りました。
 辻立ちを終え一歩目を踏み出したら寒さで足が麻痺していて言うことを聞きません。ロボットのような歩き方で付近のナルスさんに向かいました。「誰も盗まないよな」などとつぶやきながら店外脇にハンドホンとノボリを立てかけ、入口自動ドア付近で暫くひとりでガタガタと震えてました。これじゃあ思いっきり変な人ですね。ナルスさん、ホットココア1本を買わせて頂きましたので、どうかご容赦下さいませ。
 その後、急いで9時からの集会に参加。そして誠に申し訳なかったのですが中座させて頂き、事務所で予定していた2つの面談をこなします。
 お昼を挟んで、午後から夜まで挨拶回りを敢行。開始前、傘を忘れたのでコンビニでビニール傘を買ったのですが、挨拶を始めようと傘を広げた途端、強風にあおられ壊れてしまいました。たった3秒の命の傘。アーメン・・。500円の損失を嘆きつつ、こちらも傘なしで吹雪の中おひとりおひとりに私の訴えをさせて頂きました。
 夜は同世代の若者たちとの集い。私の考えや訴えを聞いてもらうと共に、今後のイベントについて企画打合せも行いました。こちらについては近日ご案内します。
 やっと全日程を終え、家に着いた途端なだれ込むようにベッドにバタン!さあ、明日も頑張るぞ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年02月15日

 今日は石橋の交差点のマクドナルド前をお借りし朝の辻立ち。出発前チェックした天気予報によると、本日は全国的に大荒れ模様だとか。窓の外を見ると、すでに雨を伴った強風が大声で泣きわめいていました。
 辻立ち開始からすぐに雨脚が速くなり、あわせて強風が私の顔を横殴ります。そこで傘をさしましたが、あまりの風の強さから、傘を持っていることで自分の体まで飛ばされそうになる始末。苦渋の選択でしたが、傘を捨てズブ濡れになりながら演説を続けました。
 辻立ちを終えると、もはや体中はビショビショ。「スーツのポケットに入れてある携帯電話は水で壊れてないか?」と気になるほど。無事だったのでよかったですけども。
 その後、妻と一緒にとある有権者のご自宅にお邪魔。30分ほどお話させて頂きましたが、その中で強烈だったのが奥様からのお言葉。私流に解釈させて頂くと、「夫の落選を経験し政治が嫌いになった。これまで長い間政治に関わってきたが、一旦落ちれば、そこには何も残らないことに気づいた。」という内容でした。おそらく想像を絶する苦しみを味わったのでしょう。政治の世界の厳しさを改めて痛感させて頂くとともに、妻にはこんな思いを絶対にさせたくないと心の底から祈ってしまいました。願わくば、選挙に振り回されるのではなく、自らの信念を振り回す政治人生でありたいです。 
 その後、昼から夕方にかけて溜まっていた事務の処理。夜は上越JCのオリエンテーション委員会に参加。懇親会では、和菓子屋「かのこ」の若旦那の町田さんが差入れして下さったケーキを、バレンタインとして女性陣が我々にプレゼント。メンバー皆でとても美味しく頂戴しました。ありがとうございました。
 しかしホワイトデーのお返しはやはり町田さん(男性)にお返しすべきなんでしょうかね。町田さん、何がいいですか?もしこれを見ていたら教えて下さい(笑)。
  
  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年02月13日

 今日は火曜日ということで、高田郵便局前の大手町交差点をお借りし朝の辻立ち。気のせいか、今日は学生の数が少ないような・・・。私の演説がうるさくて通学路を変えられてたりして。そうだとしたらマズいですね。音量を4.5から2、3に変え少しおとなしくしてみますか。
 演説終了後、すぐに挨拶回りを敢行。今日もバリバリ歩きます!「選挙は足が基本」と言われるくらい歩くことが重要とされています。昨年末、国会の政策秘書仲間が私の激励会を開いてくれ、「プレゼントに靴を贈ろうかと考えていた」などと粋なことを言っていた岡田君を思い出しました。くれたのは別の物でしたが。
 挨拶回り終了後、「NTT労働組合退職者の会・第2回上越地区協幹事会」に参加させて頂き10分ほど挨拶のお時間を頂戴しました。退職者の会県支部協議会の早川会長のご理解と加藤委員長のおはからいによるものです。ありがとうございました。挨拶終了後中座させて頂き、NTT労組上越分会の組合事務室で雑談。筒井さんの若かりし時代の話に花を咲かせるなど盛り上がりました。
 NTTさんを離れた後は事務処理に終始。あっという間に一日が終わってしまいます。
 ここにきて他陣営の動きが活発化しているのを肌で感じます。しかし、私は相手候補の動向を意識するのではなく、ひたすら「辻立ち」と「歩くこと」を愚直に続けて参ります。その先に「当選」という通過点があることを信じて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年02月13日

 今日は月曜ですが振替休日。せっかくの休日に朝から大声でガンガンやったら失礼ですよね?ですので、休日は朝の定例辻立ちをお休みしています。
 代わりに8時から挨拶まわりをスタート。夜7時半まで歩きに歩き、もはや「足が棒」状態です。また、時折降るみぞれ交じりの雨によってスーツも体もビショビショ。凍えるような寒さにも見舞われました。風邪ひきに要注意です。
 挨拶回り終了後、事務所に電話を入れ、今日どなたがボランティアに来て下さったかを確認。皆さん時間はまちまちですが、結構な人数の方々がいらっしゃって下さいました。休日にもかかわらず本当に本当にありがとうございました。
 私は今回ボランティア選挙を目指しています。というのも、お金をかけない選挙をすることが政治改革の第一歩だと確信しているからです。
 そもそも選挙はお金がかかるもの。そしてお金をより多くかければ当選の可能性が高まるのはまず間違いありません。ですが、そうした選挙ではお金持ちしか立候補しづらくなり、志はあるがお金の無い若者が政治の世界に飛び込むに大きな障害になりがちです。また、無理をしてあまりにお金をかけすぎてしまったら、当選後は議員バッチを利用したお金稼ぎや極力活動を自粛して歳費を貯めこむといった、ベクトルが市民の暮らしではなく自分の財布に向いた政治活動が行われる恐れがあるのです。
 選挙から始まる癒着による政治腐敗の刷新、かつ若者が政治に飛び込みやすい土壌を築きあげるためにも、ボランティア選挙の実践が不可欠なのです。
 私は「金なし、志あり」の若者代表として、政治改革に先鞭をつけるべく、いい意味でやせ我慢をしながらこのたびの選挙戦に臨む覚悟です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年02月13日

 今日の起床は午前4時。あくびをかみ殺しながら、5時からの「朝起き会」に参加。終了後の懇親会では、ちょっと早めのバレンタインチョコを頂いてしまいました。ありがとうございました。
 終了後、一旦家に戻り、私の長男次男を連れ、ボランティアでお手伝いして下さっている平山さんと松下さんと一緒に中ノ俣に向かいました。以前から誘われていた「大持引(だいもちひき)」に参加するためです。
 大持引とは、車の無い時代、木挽き(きこり)が切り倒した大木を「二本ゾリ」と呼ばれるソリに載せて斜面を引っ張りおろす材木の搬出作業のこと。機械や車社会の突入により、もはや幻となってしまったこの日本の山里の原風景を再び蘇らせようという企画です。(当日配布資料参照)
 会場に到着すると、すでに一本の杉の木の前に男衆やカメラマン、マスコミなどが集っており、木を切る直前でした。チェーンソーで根元の幹をえぐりつつも、要所ではきこりが登場。「コーン、コーン」とテンポ良く打ち鳴らされる音はとても美しい響きです。すると木がメキメキと音を立て、ドスーン!結構な迫力で私の子供たちも大喜び。この倒木をチェーンソーで3区分し、各々をソリに載せながら15メートルほど上の道路脇まで引っ張ります。しかし、今年は雪が少なく地面との摩擦が大きいことから運搬が大変。荷台に5,6人を載せた車にも登場してもらってようやく搬出作業が終了しました。
 その後、熱々のトン汁が出るというので懇親会にお邪魔し頂いてみると、これが最高に旨い!こんなに旨いトン汁は初めてなほど。子供たちもフーフー言いながら一生懸命汁をすすっていました。
 会が始まってからおよそ30分後に中座させて頂き、急いで次の集会に向かいます。今度の会は「そば会」。このおそばがまた美味しいのなんのって。トン汁でお腹が満たされていたのにズルズルと胃袋に入ってしまいます。
 その後、かに池の交差点で1時間ほど辻立ち。夜、「つつい板倉後援会国政報告会」に参加。板倉の皆様に一言私の訴えをさせて頂きました。
 今日は4つの集会に参加し、お酒も結構飲まされてしまいました。政治家は体が基本。ハードスケジュールとお酒に呑まれないよう、体調管理だけはしっかりして参りたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加