2009年06月05日

 本日午後2時、NPO法人「えちご若者元気塾」の開所式を開催しました。昨年10月にNPO法人立上げ式を行って以来、藤田理事長を筆頭に本格活動に向けひたすら準備を行い、紆余曲折を経て本日めでたく開所式を迎えることができたのです。これもひとえに関係者・関係団体の皆様方のお陰さまです。心から感謝申し上げます。
 
 式典の中で、私は理事のひとりとして挨拶をさせて頂きました。その中で強調したのが、自己責任論の緩和です。
 1980年代から若者労働対策・就労支援を議論してきたヨーロッパに対し、我が国では2003年から政府が議論を開始するも、自己責任論で片づけられがちな風潮が蔓延しています。
 就職氷河期に正社員になれなかった若者が労働意欲を失くしてしまったり、景気後退下では労働のハードルが上がるなど、経済状況で労働市場・労働環境が大きく左右され、そこからあぶれた若者たちまでをも自己責任論で片づけてしまうことは乱暴ではないか。また、表に症状が現れづらい発達障害者の方々や極度に内気の方々の就労までをも自己責任論としてしまうことが果たして正しい姿と言えるのだろうか。
 若者就労については、自己責任論だけでは片づけられない実態があることを皆で認識すべきでしょう。

 2003年以降、若者自立支援対策は政府も打ち出してはいますが、理念や方針を打ち出す内閣府と、それに基づく具体的な政策を運用する厚生労働省、そしてそこに予算を出す財務省のトライアングルの中で、施策を広げたい厚生労働省と財源の関係から厳格運用を求める財務省との間で綱引きが行われているのが実態です。内閣府が掲げる本課題に対する理念や精神を、厚生労働省と財務省がどれだけ認識し、受け入れ、実効化することができるのか。今後の政治手腕が問われます。

 こうした状況の中、えちご若者元気塾としては、今後の方針として「今年度の事業計画の実施」はもちろんのこと、「来年度の『地域若者サポートステーション事業』への認可に向けた準備」を行って参ります。
 また、今後の課題として、関係機関とのネットワークの構築・連携・実効化、家庭訪問事業の拡充、保護者相談体制の充実、支援の内容・相談から基礎能力・職業能力の獲得へ、といった様々な課題を見据え、体制を模索していく必要があります。

 いずれにしても、特別支援学級の人数が増加傾向にある現状から、近い将来的には間違いなく若者就労支援のニーズが更に高まるはずです。
 これを御覧の皆様におかれましては、上越で初めてとなるこのチャレンジを是非応援して頂きたいですし、お近くにお住いの方であれば活動に参加して頂き、彼らを優しく包みこむことのできる社会の実現にお力を賜りますことを切にお願申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年06月04日

 昨日から本日にかけて、私が事務局長を務める民主党新潟県連「農林漁業WT」が、記念すべき「第1回視察」を行いました。参加者は、県議5名と県内各市議11名そして事務局1名の計17名。皆さん、農林漁業に対しては一言有する方々ばかりです。
 今回場所が上越市内ということもあり、選挙区の私が、市内で先進的な取組みをしている工場・企業・集落などをコーディネートし、視察中も案内役や司会役を務めさせて頂きました。
 
 視察先は、初日は「上越バイオマス循環事業協同組合」と「頚城建設(株)」、2日目は「アグリフューチャーじょうえつ(株)」と「櫛池地区農業振興会」の4か所。
 加えて、宿泊先は安塚区にある「民芸の宿さわ」で、ここはどぶろく特区1号となった所。夕食時には、そのどぶろくで乾杯し、ご主人から特区を取得されるまでの経緯や現状についてお話を伺うなど、こちらもいわば視察状態と言えます。
 日程表を考える際、「詰め込みすぎたかな?」と多少心配もありましたが、私個人の「より上越を堪能して頂きたい!」との想いが先行し、こうした少々窮屈な日程となってしまいました。参加された議員の皆さん、どうかご容赦下さいね(笑)

 今回の視察を終えての率直な感想は、「皆さん、本当に頑張ってるなあ」ということ。まさに上越の誇りとも言えますし、こうした上越の「宝」を、県内各地の代表者に触れて頂けたこと、本当に嬉しい限りです。
 今後は、この視察の成果をWTとしていかに受け止め活かすのかが問われます。それぞれの議員が各々の議会活動に反映して頂きたいですし、私たち県議としては、国や県に要望活動を行うのか、はたまた条例化を目指すのか。何らかのカタチに残る対応に繋げていかなければなりません。事務局長としてのハンドル捌きが求められます。

 次回のWTは7月8日に開催します。三条市の小学校で子どもたちと一緒に完全米飯給食を食べるなど、「食育」について学んで参る予定です。今後とも、WTの活動に熱くご注目下さい!!
 
※各視察先については私のHPの「What’s New(お知らせ)」をご覧下さい。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年05月25日

 新聞等で報じられた件について、お話をさせて頂きます。

 幸いにも怪我はありませんでした。
 相手の方にも暮らしがあるのでどのように対応すべきか悩んだのですが、ボリュームを絞ることなどについて全く話を聞き入れて頂けなかったことや、去り際に「今度ここに立っているのを見かけたら、後ろからこれ(木製のバット)で脳天かち割るぞ!」といった感じで脅されたため、今後の活動のことを考え、念のため警察に被害届を出したらこのような事態となったのです。

 私自身、「逆の立場だったら」ということも常に考え、「ボリュームはギリギリ絞り気味に、できるだけ住家にスピーカーは向けない」といった基本スタンスをとって十分な配慮を行っていたつもりであり、その甲斐あってかこれまでの2年半、特段のクレームを頂くことはありませんでしたので(もちろん声なきクレームの声はあったかもしれませんが)、このたびの件には本当にビックリしたところです。

 特に、現場となった石橋交差点は、国道8号と上越大通りの交差するポイント。車両通行もハンパでないいわば大交差点です。そこにおいて、相手の方が住んでらっしゃったという住宅街を背にし交差点に向かって、一方向からしか音の出ないハンドマイクで話ていたのですから、私の背後からクレームが来るとはまさに予想外の出来事でした。

 ただ、最近、他の議員さんも私の辻立つ場所と同じところで街頭演説を行っていたそうで、その中には石橋も含まれていました。思えば、その時の相手との会話の中で「これまでも追い払ってやったんだ」と息巻いていたことなどを考えると、どうやらそのとばっちりを受けた可能性も考えられます。

 いずれにしても、政治活動の自由を暴力や脅迫で押し込めようとする行為には断固立ち向かうということを基本スタンスにしつつも、一方で、暮らしの発展を唱える者の一人として、迷惑をかけぬよう、これまで辻立ってきた5か所で音が届くと思われる範囲にお住いの住家や事業所の方々に改めてお話を伺うと共に、更に音量を絞るなり対応を検討し、今後とも辻立ちを続けて参りたいと考えています。

 私にとっての辻立ちとは、議会報告等はもちろんのこと、政治・政治家に対する信頼を上げるべくの行為と考えています。というのも、巷では「政治家というのは選挙の前だけ騒いであとはさっぱり」といった声をよく伺い、こうした考えが政治や政治家に対する信頼感を損ねていることにつながっているのではないかと思うからです。
 どれだけの方々が朝の忙しい時間帯に私の演説を聞いて下さっているのかはわかりません。おそらく圧倒的に少ないことでしょう。しかしながら、継続は力なりか、車中から手を振って下さる方や話しかけて下さる方が徐々に増えてきたり、なかには立ち止まってジッと聞いて下さる方が出てきているのも事実。これが私の2年半続けていての確信です。

 これをご覧の皆様には、今後とも、私めにご注目を頂くとともにご指導賜りますよう、切にお願い申しあげます。

 最後に、ご多忙の中、誠に迅速に動いて下さった上越警察署の皆様、そして捜査にご協力下さった石橋周辺の皆様に心から感謝申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年03月09日

 朝いちで高速バスに乗り込み上越から新潟市へ。本日は昨日に引き続いての第2次連合委員会。今日は6人の議員がそれぞれ60分の持ち時間で質問に立ちました。

 政治家の力は「言葉力」にあると考えますが、議場での議員の質問を伺うにつけ、その方々の言葉の背後から日頃の勉強量や課題解決に向けた強い信念が透けて見えます。逆にいえば、日常的にこれが試される議員という仕事に就いている限り、勉強と信念は不可欠ということになります。私も「言葉力」のある議員を目指して、更に努力精進していかなければなりません。

 連合委員会終了後、長岡へとび、親友と一杯。一部から「ヒゲ」と呼ばれる彼は私の元会社の同期で、現在は東京で公認会計士をしているツワモノなのです。その彼が「長岡で明日仕事があるというので、どうだ」と。明日に一般質問を控えているのですが断れませんでした(笑)
 
 いよいよ明日は私の出番。ですが、正直まだ最終原稿完成まで至っておりませんので、明日の朝一番に執務室に駆け込み完成までもっていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年03月09日

 本日は今定例会冒頭に行った連合委員会に続く第2次連合委員会。午前は自民、午後は民主と代表質問的です。ちなみに所要時間はそれぞれ90分。そして、この間を挟んで昼食時に「文化振興議員連盟」が行われました。
 
 連合委員会は国会でいういわば「予算委員会」のような存在。国会とは異なり予算委員会としてメンバーを構成するわけではありませんが、知事をはじめとする各部局をまたがって、原稿にとらわれることなく臨機応変に一問一答できる委員会です。ある意味、原稿を読み上げるだけの一般質問よりも議員の実力が問われると言えます。私もそろそろ連合委員会にチャレンジしてみますかね(笑)

 連合委員会終了後、急いで上越へ。梅谷事務所で2件の面談。その後、自宅で夕食をとった後、総合体育館でバスケットボール。上越のお医者さんが中心になって運営しているチームに初参加させて頂きました。いい汗をありがとう!やっぱりバスケはいいですね(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加