2007年12月25日

 朝、高田郵便局前にて久々の辻立ち。県政報告と国政への一言を思うがままに語って参りました。
 この時期に雪もなく気温も比較的暖かめというのはホント演説しやすいですね。とは言いつつも、手袋をしなかったため、終了直後はさすがに手がかじかんでしまいましたが(笑)。明日は手袋を忘れないようにしなくちゃ。
 演説終了後、自宅にて事務処理。そして昼食を挟み挨拶まわりをして一日が終了。足がクタクタです。
 ところで昨日、政府は2008年度予算案を閣議決定しました。これによって新潟県財政にとって最も関係のある地方交付税が決定したことになりますので、今後、新潟県庁内では来年度予算案の調整を急ピッチで行うことになります。
 県はどのような予算案を組み立てていくのか。特に、選挙を来年に控える知事はどこにメリ・ハリの色をつけてゆくのか。来る2月定例会を見据え、要チェックです。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月25日

 今日はクリスマスイヴ。大人たちにとっては様々な想いが交錯する日である一方、子どもたちにとってはやはりサンタさんからクリスマスプレゼントをもらうことが最大の楽しみでしょう。私の長男次男もその例外ではなく、夜が待ち遠しくてならないといった様子でした。
 ちなみに我が家は、誰かがサンタに扮してプレゼントを渡すのではなく、子どもたちが寝入ってから枕元にプレゼントを置き、翌朝子どもたちに歓喜の叫びをあげてもらいましょうというやり方です。
 クリスマスの良い所は、例えば子どもたちがケンカをしたりイタズラしたりしている時に「サンタさんは良い子のところにやってくるんだぞ」と言うとピタッと止めること。子育ての友とも言えますね(笑)。無邪気な妖精たちがこうした純粋さをできるだけ失くさずに育ってくれることを期待します。
 私は政治家としては1期目であり、いわば生まれたてのホヤホヤの存在です。今後、政界に浸かるにおいても、今持っている政治に対する熱い想いを抱き続け、良い意味で純粋さを失くさぬようにしていく。こんな決意をサンタを信じる子どもたちに重ねてしまいました。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月25日

 今日は夜9時からのNHKスペシャルに義父である筒井信隆先生が出るというので、家族揃ってテレビの前に大集合。日頃あまりテレビを見ない私も冬の風物詩である「おこた(こたつのこと)」にくるまり番組を拝見しました。
 番組は、2大政党制に近づいている現状と課題についてまとめるもので、筒井先生の出番は中盤あたり。「農業者戸別所得補償法案」のとりまとめ役として、地元と国会での活動にスポットが当てられていました。
 見終わった後の私の感想は、この番組編集者は、与党に対しては危機感を煽り、野党に対しては地に足の着いた政治をと警鐘を鳴らす、非常にメッセージ性の強い番組だなと感じたことです。
 とかく2大政党制における「ねじれ国会」は国政の停滞を招きかねないなどという批判に近い声も耳にします。しかし、私はこの状態を「真の政権交代に向けた産みの苦しみ」だと考えています。長年の一党支配によって溜まりに溜まった膿を根こそぎ出すためには避けて通れない苦しみであり、ここを国民の皆さんと乗り切ることで初めて真の政権交代が実現し、政治が新たな時代に突入するのです。
 苦しみに耐えかね中途半端な改革で終えるのか、それとも苦しみを乗り越えた先の抜本改革を望むのか。まっとうな未来に向けた国民の選択が今問われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月25日

 議会が終わって初日の今日は事務処理に終始。郵送ブツ等が溜まっていることなんのって!手際良く処理しつつも、議会中に集めた資料の整理なども行っていたら気づけばもう夕方近くでした。
 その後、愛車「とことん号(自転車)」で近所の美容室へ。一瞬、床屋で顔剃りしてもらおうかとの考えもよぎったのですが、この寒い季節に産毛全部を剃ることは体感温度を更に下げかねないとの判断で美容室にしました。
 1時間ほどかけて散髪終了。おかげ様でサッパリしました(笑)。その後1件忘年会に参加し、一日が終了。
 年末年始は挨拶まわりと決めていますが、明日・明後日はお休みですので留守宅が多いことを考えると、本格活動は連休明けからとなりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月22日

 今日は12月定例会の最終日。最後の本会議を前に、民主にいがた所属議員の意思を統一するべく党議を開催。冒頭、幹事長から議会運営委員会の報告を受け、その後、提出議案に対する賛否の確認や懸案事項についての協議を行いました。
 昼食をはさみ13時、本会議開会。いつものように各委員会の審議結果に関する委員長報告からスタート。その後、19年度一般会計補正予算を始めとする「議案」計39件、「請願」5件、「陳情」6件について採決を行いました。
 その中で個人的に嬉しかったのは、私学助成を促進する「すべての子どもたちにゆきとどいた教育をすすめる」請願が賛成多数で可決されたことでした。以前、私の事務所で要望の声を受けて以来取り組ませて頂いている案件だからです。本日踏み出した一歩を機に、更に流れが加速するよう引き続き訴えて参る所存です。
 所要時間1時間弱で本会議が閉会。これをもって12月定例会が終了しました。
 本会議後、民主にいがた会議室に再び集合し、知事挨拶と県警本部長挨拶を受けます。
 その後私は本庁に伺い、今議会中お世話になった県幹部の方々に御礼挨拶まわり。皆さん、良いお年をお迎え下さい。
 挨拶まわりを終えると地元上越へ。2件の会合にお邪魔し全日程が終了です。
 5日から始まった12月議会でしたが、アッという間に終了したというのが私の感想です。それだけ充実していたと言えるのでしょう。こうして活動させて頂けるのも、まさに私に投票して下さった有権者の方々のお陰様。改めて感謝の気持ちがふつふつと沸いてきます。
 次は2月18日に開会予定の2月定例会。6,9,12月議会と異なり予算が絡むため1ヶ月の長期議会となります。この未知なる体験に備え、より多くの県民からお声を伺うべく年末年始も駆けて参ります。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加