2007年06月18日

 昨日の日記で長女を病院に連れて行ったとお伝えしました。その際、気管支炎になりかけているという担当医のアドバイスから、大事をとって火曜日まで入院させることにしたのです。まだ乳飲み子なため、もちろん妻は付きっきり。ですので、長男次男の世話を私が見なければならなくなりました。
 だいぶ前から、今日は質問作りに充てるべく夜の会合以外スケジュールを空けていました。これが幸いとなり、子育てに専念することができます。早速、朝食時に「どこに行きたい?何したい?」と子どもたちにリサーチ。激しく喜んで答えるわが子を見て嬉しく感じました。
 うちの長男と次男は電車が大好き。そこで並行在来線の視察も兼ね、JR信越線に乗ることにしました。最寄駅「春日山」から乗り込むと、列車の一番前を陣取り、真剣に集中して線路や風景に見入る子どもたちとその姿を眺める私。そんな乗客を乗せた列車は、素晴らしい自然の風景を切り開いて突き進みます。
 列車の旅は、時間的に長野県に差し掛かかったあたりで上越戻り。夜「つつい信隆国政報告会」に参加。県議選での御礼も兼ね一言話をさせて頂きました。
 本日、初めて長野県まで並行在来線に乗りましたが、休日ということもあるのでしょうが、座席が全体的にまばらに埋まるなど、予想以上に乗客がいるように感じました。また、その年齢層は大半が高齢者と学生で、その分ニーズもあるようにも感じました。この点ではもちろん、今後の少子高齢化によってニーズが弱まる可能性も充分考えられますが。
 一方で、列車の本数が少ないせいか、乗り継ぎがスムーズにいかないことに違和感が。乗り換えようとしても1時間近く待たされては、せっかくの利用者も使用を差し控えてしまいかねません。
 いずれにしても、上越が今後更なる活性化を遂げるには、私は並行在来線は「存続」しなければならないと確信しています。予算負担をいかに小さくし、利用者にとっていかに気持ちよく使えるか。このことを突き詰めながら「存続派」の一員として県議会で訴えて参ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年06月17日

 今日は私の子どもたちが通っている幼稚園の「ファミリー参観」の日。親が教室の後ろから子どもたちをただ眺めるだけの授業参観と違って、親も子どもと一緒になって授業に参加するというもの。私は長男のクラス、妻は次男のクラスに別れ、授業に臨みました。 
 授業内容までお伝えすると長くなるので割愛しますが、子どもの様子を知り触れ合いを深めつつ、一方で、子どもたちにとってすぐそばに親がいるという安心感から安定した授業が行えるという非常にナイスな企画です。企画内容や授業運営の様子などから、幼稚園の先生方が本当に真剣に色々と考えて下さっていることが分かります。改めて「いい幼稚園だ」と感心です。
 参観後、子どもと一緒に昼食。その後スーツに着替え、事務所で記者さんからを取材を受けます。
 取材後、民主党新潟県第6区総支部の会議に出席。県議会議員となったことで、参与という形で今後参加をさせて頂くことになりました。
 会議終了後は支援者宅を挨拶まわり。すると途中、妻からメールが。生後6ヶ月の長女の高熱が続くので病院へ連れて行くというのです。時間的にも夜に差し掛かっていたので挨拶まわりを中断し、長男と次男の面倒をみるために帰宅。夕飯や風呂入れ寝かしつけと悪戦苦闘して一日を終えました。
 今日は子どもたちと一緒にいる時間がとても多かったですね。このところ土日は非常に忙しく子どもと触れ合う時間もほとんど取れなかったのである意味充電の一日となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年06月15日

 昨日も新潟市泊まりだったため、朝8時30分から県庁入り。執務室で事務処理を行います。その後、11時から護国神社にて戦没者追悼式に出席。先の大戦において貴重な命をなくされた県民の方々に対する哀悼の誠ならびにご遺族の方々のご健勝を献花にてお祈り申し上げました。
 式典終了後、県庁に戻り、同僚の大渕健議員と石塚健議員のW健さんとともに昼食。1期先輩である大渕議員から質問についての心構えなど色々とご指導頂きました。ありがとうございました。
 昼食終了後、執務室に戻り、1件の電話取材と2件の来客対応。それが終わってからようやく一般質問作りに入ります。
 質問したいことは山ほどあるのですが、とりあえず大項目だけを決め、細かい調整は来週あたまに行うことに。そして、大項目に係る必要資料の収集を政策調査班にお願いして県庁を出ます。
 高速バスで久々(といっても2日ぶりですが)の上越へ。不思議なことに、地元に帰るとなんだかとても気持ちが落ち着きます。真の上越人にまた一歩近づいた証でしょうか。嬉しいですね。
 VIVA上越!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年06月15日

 昨晩、上越タイムスに載せる原稿を仕上げていなかったことが気になっていたのか、今日はやけに朝早くに目を覚ましてしまいました。ここのビジネスホテルの風呂は24時間入れるというので頭を切り替えるべく朝風呂し、急ぎ足で原稿を作成。昨日の内容とは一転して、地球温暖化について感じていることを440文字に込めました。6月18日掲載のNPOコーナーの「風」というコラムに載りますので、もしよろしかったらご覧下さい。
 朝食をとると県庁へGo!執務室で事務処理を行いつつ委員会の開会を待ちます。
 10時、いよいよ始めての特別委員会「2014年問題対策特別委員会」が開催。重要課題のせいか、マスコミと役人が大勢いて少々ビックリしました。開会すると、まずは県幹部からの説明。その後、質疑。私は質疑があるとは知らなかったのですが、せっかく質問できるのであればさせてもらおうと、委員会最中、他の先生方の質疑や答弁を聞きながら即興で質問作りを行いました。
 質疑ではほとんどの委員が質問したため、所要1時間30分程度の予定だったのが4時間もかかることに。その中で私は最後から2番目に質問。これも実は始めから手を上げていたのですが、他の先生方とカブりズルズルと後回しに・・。最年少は辛いですね。質疑が進む中で、聞こうとしていたことがどんどん奪われていく大変を学ばせて頂きました。
 私は上越選出ということでテーマを並行在来線の存続に絞り、それに対する行政の姿勢を確認させて頂くべく4点ほど質問をしました。初めての質問ということで勝手も分からず緊張しましたが、26日の本会議場での一般質問に向けいい予行練習をさせて頂きました。
 委員会終了後、マスコミなど来客対応。夜、「高竹和明君と語る会」に出席。高竹さんは、知る人ぞ知る2005年に日本青年会議所の会頭を務めた方。全国に4万人いるJCメンバーのトップに立った方なのです。その方がこのたびの参院選全国比例区で民主党から立候補をされることになったのです。正直、JC会頭といえば自民党なのが通例。それが民主から出るというのですからその葛藤や軋轢は計り知れないものだったのでしょう。しかし、最後の決断は自らの判断で行う、この政治家として素晴らしい資質を有する「ザ・たたきあげ」の高竹さんには何としても永田町で活躍してもらいたいと感じました。高竹さんの決断が英断となるよう、私からもエールを送ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年06月14日

 今日は午前中、上越タイムスに掲載の原稿を作成。ところが、内容が政治的すぎてボツを喰らってしまいました。時間がないので、夜に改めて原稿を作り直すことにし、家を出ます。
 午後、新潟市へ。主たる目的は執務室用のパソコンと周辺機器を購入すること。県庁付近の某大型電気店にて予算とにらめっこしながら必要なものを揃えます。
 今のパソコンはメーカーだの機種だのがたくさんありすぎて困りますね。大きな買い物なので、店員さんに相談しながら時間をかけてじっくりと選びました。
 パソコン購入後、早速職員の方にLANにつないでもらいつつ、6月県会での質問用の材料集めに終始。すると、気づけば夜7時を回っていました。遅くまでお付き合い下さった職員さんに感謝しつつ県庁を去ります。
 明日、特別委員会を控えているので、本日は新潟市泊まり。駅前のビジネスホテルにチェックインをし、一日を終了。
 いよいよ私の執務室にもIT機器が整ったことで、県庁でもブログを作れるようになりました。ですので、今よりはマシな更新ができると思いますので、乞うご期待を(笑)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加