2019年03月29日

いよいよ天下分け目の統一地方選が始まりました。われわれ国民民主党新潟県連は、続く国政選挙に繋がる重要な闘いと位置づけ、公認または推薦する候補者たち全員の当選に向け、一丸となって戦い抜く決意です。

 

国民を見ずに官邸を見上げる政治・行政がはびこる今、より良い未来を築くには、われわれの公認・推薦候補のような、真に市民、県民の暮らしのために働く政治家を増やし、政治に緊張感をもたらさなければなりません。圧倒的多数を自民党が占める現状を打破し、政治を市民、県民のもとに引き寄せなければなりません。

 

皆さん、国民民主党に期待をして下さい。皆さんの声を私たちに託して下さい。そして、必ず投票に行きましょう。私たちの暮らしを良くも悪くもするのは、あなたのそのかけがえのない1票なのですから。

 

この統一地方選は、新潟の未来を占う大事なチャンスです。4年後振り返った時に「あの時の選択があったからこそ、今の新潟がある」と笑顔で言える選挙となるよう期待するとともに、そのためにわれわれ国民民主党新潟県連は不断の努力をもって汗をかかせて頂くことをお誓い申し上げます。

 

平成31年3月29日

国民民主党新潟県連代表 梅谷 守

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月17日

2016年4月14日に発生した「平成28年熊本地震」により、亡くなられた方に謹んで お悔やみを申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、被災地等におきまして、救援や復興支援などの活動に尽力されている方々に深く敬意を表しますとともに、皆さまの安全と一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

前新潟県議会議員 梅谷守

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年01月01日

 皆さん、こんにちは。新潟県議会議員梅谷守です。

 私は黒岩宇洋参議員の政策秘書として4年半、新潟県にどっぷりと浸かる日々を送ってきました。なかでも地元活動の主な拠点にさせて頂いた上越は、今や特別なほど愛着・愛情が湧く町。恋愛で言えば正に「惚れた」というやつです。

 日々の政策勉強を通じ、私には確信していることがあります。それは、「地方の元気なくして、日本の真の元気なし」ということ。自らの考えを弾力的に行動に移せるよう国から地方に権力を分散させ独自の活力を奮わなければ、日本に真の元気は訪れないのです。

 地方からの元気振興を本気で考える中、図らずも頂戴したのが、杉田弘美県会議員からの引退の内々報告と私への出馬要請。「本当に私で務まるのだろうか」と一旦は固辞させて頂きましたが、その後の周りからの説得や知人との相談もあって、私の中で「惚れた町のために是非役立ちたい」という想いが明確となり、上越市選挙区から2007年4月の新潟県議選に出馬することを決意し、上越選挙区のみなさまのおかげで当選させて頂き今に至ります。

 杉田県議から頂戴したバトンをしっかりと受け継ぎ、上越そして新潟の未来へとつなげるべく、私のこれからの人生全てをひたすら県民のためにとことん上越に注ぐ覚悟です。皆さん、どうか私の決意をご理解頂き、私と一緒に新しい時代の「新しい上越、新しい新潟」を創りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加