2008年12月12日

※今日のブログは長いですよ!!
 
 今日は福祉保健部に対する質疑。以下の4点について質問して参りました。
 ①理容師法施行条例改正について、②新潟水俣病について、③鳥インフルエンザについて、④日常生活自立支援事業専門員の増員について

<理容師法施行条例改正について>
 今議会で県は、洗髪施設の設置を義務付ける「理容師法施行条例」改正案を提出しています。いわゆるカット専門店に対する義務付け。その理由を「公衆衛生の維持向上」と謳っていますが、本日の答弁によれば、衛生の観点から見ても全国的に1件問題があっただけで、しかもその内容は肺結核にかかった理容師が同僚の理容師に結核菌を感染させてしまったという洗髪による公衆衛生とは関係の薄いと思われるもの。そして新潟県内ではまだ問題は発生しておりません。確かに、衛生上の問題についてはしっかりと考え対応しなければなりませんが、そう言いつつも本条例案は、すでに県内で開業している6件については設置義務を課さないとしているのです。
 また、条例提案の根拠に県はパブリックコメントをあげていますが、その回答600件のうち589件が賛成であり、その他の意見もほぼ賛成系の意見。そこで意見を送ってきた方々の職業や身分について尋ねたところ、課長いわく「寄せられた意見は内容から致しますと、この業界関係者の方々だというふうな印象を、認識を持っております」とのこと。だとすれば、業界関係者の意見に偏りすぎていて、これをもって県民意見として扱うには少々乱暴なのではないでしょうか。
 以上のことから、本条例案は、規制の緊急性や論理性が明確ではなく客観性や一般性に欠けると言え、改めて県民全般に向けたアンケートをとりその結果を分析したり、群馬のように洗髪施設義務付けの是非を検討する第3者委員会を設置するなど、慎重審議に切り替えるべきと主張して参りました。
 
<新潟水俣病について>
 現在県は、手帳保有者に対し月5000円前後の独自手当の支給を検討しています。金額は通院や介護・マッサージの費用を想定しているとのことですが、どう考えても「少なすぎる」というのが率直な感想でしょう。この点、関係団体からの「不足」という声をどう受け止めるか、と問うたところ、課長は「負担の一部を補完する」内容で「意見を聞いた上で検討する」と答弁しました。一部補完というのであれば一律5000円という中身と矛盾しますし、意見を聞いた上で検討というのであれば「不足」の声にしっかりと答えるべきでしょう。
 この条例はまさしく知事の政治力を駆使した歴史的・画期的なものですし、その分、患者さんをはじめとする関係者の方々のご期待も大きいもの。ですが、肝心の「中身」が伴わなければ期待はずれとなりかねません。歴史的な一歩を踏みこむには、手当の増額など「内容」を充実したものに仕立てることが不可欠であり、そこから新潟水俣病問題の抜本解決に向けて更に頑張って頂くことをお願いしました。

<鳥インフルエンザについて>
 大地震の可能性に対し常日頃から供えるように、インフルエンザ・パンデミック(爆発感染)に対しても、最悪の事態を想定して、県として今から可能な準備を始めることが必要です。
 先日の一般質問にあった「最悪に近い状況を想定してやる」の答弁を引き合いに出し、「最悪の状況」とはどのようなものを想定しているのかと尋ねました。その答えは「1918年のスペインインフルエンザを想定した厚生労働省の示す状況(64万人の患者発生)を考えている」とのこと。しかし、国立感染研究所によれば、この数字はレベル段階の低いものとのことで、場合によっては100万人や200万人も考えられると言います。
 考え始めたらきりがないのかもしれませんが、例えば上越市だけでも感染率25%として5万人の患者を想定すると発熱外来として6000床以上の準備が必要だという話も耳にします。これが仮に感染率が50%となった場合には、その状況も見込んだ準備が必要であり、ここがまさに「緊急時の対応」となるのでしょう。この場合、足りない器材をどうするかといったことや廃校となった校舎を使うなどの予測準備も必要ですが、ポイントは県としてこの「緊急時の対応」に対しどこまで予算づけを含めて対応しているのかということ。この点、課長答弁からは、正直申し上げて具体性が見えませんでしたが、部局としてもおそらくできうる限りの準備をされているのでしょう。市町村との連携を基軸に鋭意想定準備されることを期待します。
 アメリカでは危機レベルごとの危機管理体制を敷いています。本県もこれに倣い段階的体制を敷くことを提案するとともに、国に対してもこの点要望すべきということを主張して参りました。

<日常生活自立支援事業専門員について>
 認知性高齢者・知的障害者・精神障害者などご自分の判断に不安を感じている方が安心して生活できるよう相談・サポートする制度のこと。上越圏域(上越・妙高・糸魚川)には2名が配置されているのですが、障害者の高齢化に伴うニーズの増加に対応しきれず障害者の不安が増してきているのが現状です。
 国は40名につき1名の基準を定めていて、1人につき400万円の給与の半分を持ち残りの半分を県が負担することになっています。この点、上越圏域には115名の対象者がいらっしゃるのですが、ギリギリ3名には至りません。しかし、7割を中山間地が占め豪雪地帯でもある上越の特性を考えれば、国のこうした一律基準ではままならないことは明白です。
 そこで、3名に増員しそこにかかる200万円の予算を計上するよう強く要望して参りました。この点、課長答弁が消極的に聞こえたので、質問終了後に駆け寄り、直接訴えても参りました。

 委員会終了後、執務室で事務作業。その後、高速バスで上越へ。会合1つをこなし、久々に帰宅しました。

 本日は聞きたいことがいっぱいありすぎて困る委員会でした。この他にも委員会で揉むべきネタがまだまだあるものですから、来年2月の福祉保健部に対する質疑が待ち遠しいですね。
 引き続き、各種課題については部局の方々と水面下で「県民のために、とことん上越」して参りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年12月12日

 今日は委員会質疑の日。私の所属する厚生環境委員会では、午前「県民生活・環境部」、午後「防災局」に対する質疑を行いました。 
 
 県民生活・環境部に対して私は以下の4点について質問。
 ①中越沖地震の仮設住宅入居者の生活・精神支援について、②「夢おこし政策プラン」のアンケート手法の見直し、及びワークライフバランスの推進について、③NPOと行政の協働の促進について、④地球温暖化計画について
 
<仮設住宅入居者の生活・精神支援について>
 中越大震災と異なり中越沖では仮設住宅入居期限が2年間と限定されていることから、現入居者が生活復旧ままならないままに決して放り出されることがないよう強くお願いするとともに、仮設住宅入居によって一時的にせよコミュニティーが形成され特に高齢者の方々にとってはそれによって精神的に支えが生まれています。これを退去によって失うことになるので苦しむ方もなかには出てくることも懸念されます。そこで、物質的な支援だけではなくこうした精神的な部分にも配慮して頂くようお願い。
 
<「夢おこし政策プラン」のアンケート手法の見直し、及びワークライフバランスの推進について、>
 今の調査手法では現状を浮かび上がらせることにはつりがりづらく、マニュフェストの項目である「暮らし満足度」の数値を確認するためだけのものとなっていると指摘しました。
 例えば、「今の場所に暮らし続けたいですか?」なんて聞けば、年齢層によって大きく異なるでしょうが、もちろん「イエス」と答えたくなるでしょう。従って、例えば20歳から75歳全般を対象にするのではなく、年齢層をある程度区切ってそれぞれの層からアンケートをとらないと正確さを欠くのではないか。この質問は「政策プラン」の基礎となっており、ここから各種目標へとつながっているため、より正確な現状を浮かび上がらせる必要があるのです。
 また、ワークライフバランスに係る項目について質問。県民生活環境部の所管である「育児休暇取得率」や「男女共同参画率」などの数字が不十分であることを指摘。今の金融円高危機だからこそ、こうした雇用環境・生活環境にも力を注いでほしいと訴えて参りました。
 
<NPOと行政の協働の促進について>
 11月25日に公表された「NPOと行政の協働マニュアル」について質問。内容は非常に良いので、これをただ単に関係団体や関係者に配るだけではなく、特に市町村に対し、県が実際に足を運ぶなどして関係者に対してより積極的に広報・周知活動を行わなければ、せっかくの良いマニュアルが宙に浮きかねないと指摘しました。県がこうした積極性を見せることで各種団体も真剣さが増し、そこから互いの本格的な協働の醸成に繋がるのではないでしょうか。

<地球温暖化対策推進計画について>
 県が1日にまとめた「地球温暖化対策地域推進計画」の見直し案について、年406万トンのCO2削減を目指すとしていますが、各部門ごとの目標設定には踏み込んでいない内容となっています。そこで、今後部門別の目標設定をするのかしないのか聞いてきました。

 防災局に対しては、①防災グリーンツーリズムについて、②消防団員の増員を目指して、の2点について質問。

<①について>
 知事が「理念」としてぶち上げた100万人の防災グリーンツーリズムについて、防災局に与えられた役割とその議論の状況を確認しました。

<②について>
 昨今の消防団員の減少傾向に歯止めをかけるべく、国の設定する目標に向けた現状と今後の課題を伺うとともに、女性団員の増員や学生の確保などを提案してきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年12月12日

 今日は連合委員会の日。一般質問の一問一答版とイメージして頂ければよろしいかと思います。
 昼の文化議連をはさんで、午前3人・午後3人の6名が質問に立ち、知事や関係部局長に県政課題をぶつけていました。
 
 午後の一人目の議員が質問をしている最中突如、私の右側から「バキッ!」という音が議場に響き渡りました。見るとどうやら元無所属の皆川議員の椅子が「壊れた」ようです。いや、皆川議員は大変恰幅の良い方ですので、「壊した」というほうが正確かもしれませんね。失礼しました(笑)
 この事態に、委員長はじめ周辺の議員たちが皆川議員と目を合わせながらクスクスと忍び笑い。皆川議員はこのように皆から愛され場を和ますことのできる雰囲気に包まれた方なのです。

 夜、石塚議員とともに若手記者の方々との懇親会。あっという間に一日が終わります。

 それにしても、議場の設備の耐用年数や耐震強度などはどうなっているのでしょうかね。この「破壊事件」を機に、事務方が一生懸命イスひとつひとつを調査してたりして。そうだとすれば、皆川議員が体を張って課題を提示してくれたことになりますね(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年12月10日

 朝いちの高速バスに乗り上越から県議会へ。今日は一般質問2日目。計6人が質問に立ちました。
 6人目ともなると寝ている議員もチラホラ。一方で、知事は変わらぬ様子で終始淡々と答弁を続けます。答弁準備のため常に頭を働かせねばならないでしょうから当然なのかもしれませんが、それにしても大したもんですね、知事は。お疲れ様です。
 質問終了後、防災局の担当者からレクし、その後立て続けに県民生活環境部の質問とりの方と協議。明後日に委員会を控えているものですから急ぎ足での準備となります。
 夜、上越市のお隣・妙高市選出の横尾県議と「ホテル・ルートイン」近くのやきとり屋で乾杯。横尾議員は今日、一般質問の出番を終えたのです。横尾議員は私の父親ほど年齢が離れているのですが、とても気さくで誠実な方でして、その上市役所の助役までされていたため行政知識は豊富。話していてとても楽しく勉強になる方です。
 尽きぬ話にひと区切りつけ、明日に備え早めにホテルに戻りました。

 そういえば、今日は私の35歳の誕生日でした・・・。ホテルに戻る前にコンビニで小さなケーキとビールを一缶買い、自分自身へのささやかなお祝い。暦によれば、来年もこんな感じのお祝いになりそうです。切ないなあ(笑)。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年12月10日

 朝いちの高速バスで上越から新潟へ。県議会一番乗りを果たしつつ、執務室にこもりいそいそと原稿の最終調整を行います。というのも、WTO農業交渉で動きが見られたという新聞報道が各紙一面を踊ったからです。その事実関係を踏まえた原稿に改善。そして改めて今日傍聴にいらして下さる方々への配布用原稿と私の実際の読み原稿を準備し、さあいよいよ本会議だ。
 10時、開会。午前中は2人の質問。そのうちの一人は議場で私の隣に座っている同期の石塚議員。「初日の2人目に発言できるなんて、なんて大物議員なんだ」などとたわいもない突っ込みを入れて参りました(笑)
 午前中の質疑が終わると、傍聴にいらして下さった方々と合流し県庁付近にある釜めしやで昼食。ひとときの懇談の場がなりよりもありがたく感謝の気持ちでいっぱいになります。
 
 13時、本会議再開。その2人目に私が登壇。地域振興・新潟の発展につなげるべく知事に対し全力で質問をぶつけて参りました。
 今回は知事が再選してから初めての議会ですので、私の県政ビジョンをぶつけて参ろうと質問はいつになく本会議仕様に仕立てており、「さあ、これに知事はどう応えるのか・・・・」と楽しみに期待していたのですが、私の求める答えには至らず淡々としたものでした。
 答弁がひと通り終了した後、特に将来的に襲ってくるであろう医療課題についての答弁が甘く感じたので、2点について再質問。ですが、ここでもあまり変化はありませんでした。それでも私なりの問題意識や危機意識は伝えられたはず。ということで、今後の県政対応に引き続き注目して参りたいと思います。
 
 私の質問が終わると一旦休憩。そこで昼食時とは別の傍聴者と合流し、私の執務室でお茶して参りました。
 そして14時40分、本会議再開。2人の質疑を経て16時20分、本会議終了。私の質問もそうですが、今日の質問答弁が全般的に短かったこともあってか本会議時間がいつになく早回しとなりました。
 
 執務室に戻り厚生環境委員会の質問とりの方と質問協議。一般質問を終えたばかりでまだ具体的な質問を作っていなかったので、とりあえず気になっている課題に関する資料を要求しました。
 その後、福祉保健部長と面会。本日の質問の件も含め、色々とお話させて頂きました。部長、お忙しいところお時間をとって下さりありがとうございました。

 17時54分県庁発の高速バスに乗り上越へ。JCの卒業・忘年例会に出席。その後、支持者からお呼ばれしたので仲町の飲み屋さんへ。時計の針が翌日を示すまで懇親を深めて参りました。
 明日は一般質問2日目です。誰がどんな発言をしそれに対して知事はどのように答えるのか。私の質問と変わらぬ緊張感を持って臨んで参りましょう!
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加