2007年03月18日

 本日の題名を見て、「英会話にでも通い始めたのか?」と思ったあなた。違いますからね(笑)
 今日は午前中、政策勉強を含む事務処理を行い、お昼近くに名立へGo!名立区在住の女性限定の集会「いくら丼の会」に参加しました。このいくら丼がバカ美味いのなんのって!その他の料理全ても五つ星クラスなんです。もう、名立は最高ですね。
 破裂しそうになるほどお腹いっぱいにさせて頂いた後、電機連合MARUWAユニオンさんの集会にお邪魔。10分ほどお時間を頂戴しお話させて頂きました。春闘などでお忙しい中ご配慮下さり有難うございました。
 夕方から夜にかけて挨拶回り。そして夜、「つつい木田後援会国政報告会」にお邪魔。私が住んでいる木田町内の方々を前に力強く決意表明をさせて頂きました。
 その後一旦家に戻って仮眠を取り、深夜0時、仲町のクラブ「NOVA(ノヴァ)」へと向かいます。なお、クラブと言っても、綺麗なおねえちゃん達のいる方ではなく、ズンズンした大音量の響きの中で踊りまくる方ですので、誤解無きようお願いします。って、どっちにしてもハデなことには変わりはないか(笑)
 ここNOVAでは毎月第3土曜日、私の応援歌を作詞作曲して下さったシバヤンキーさんが出演されます。そこで本日の出演時に私を紹介下さるというのでお邪魔をさせて頂いたのです。
 店内に入ると、ブラックライトによる薄暗い光のもと、腹の底まで響くような重低音が身体を包み込みます。受付を経由し細い通路を進むと、開けた踊り場が。その向かって一番奥にあるDJ部屋の正面手前に小高いステージが設置されていて、ミュージシャンが入れ替わり立ち代りでパフォーマンスを披露します。彼らが観客に向かって小気味良い言葉を吐き出すと、それに応えるかのように手を宙にかざしたり身をよじらせたりして熱く踊る若者たちの姿。その熱気とパワーは私の想像を遥かに超えていました。やっぱり音楽と若者の力は偉大ですね。
 1時間半ほど経った頃、いよいよ待ちに待ったシバさんが登場。鍛えこまれた早口テク。併せて繰り出される激しい体の動きや残像が残るほどの素早い手の動き。そして言葉の気迫。いや、ホントにこの人は素晴らしいです。最高にカッコイイ!見とれてしまいました。
 そして、シバさんの持ち時間の最後、DJに促され私もいよいよ台の上へ。マイクを手に観客の前で一言訴えました。 
 若者たちは上越への熱い想いが充分すぎるほどあるにもかかわらず、それを訴える術が分からず、「声なき声」となって燻っているのではと感じました。これからの上越を担う若者たちの想いをしっかりと受け止め、真っ直ぐ議会に届けるべく、今後もこうした機会があれば積極的に参加して参りたいと思います。
 いやー、それにしても貴重な経験をさせて頂きました。シバさん、寺島さん、松田さん、そして関係者の方々、本当にありがとうございました。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年03月17日

 今日は家のすぐ近くの上越市役所前交差点で辻立ち。歩いて行ける距離なので、毎週金曜日はいつもよりも朝、少しだけゆっくりできるちょっぴり嬉しい日なんです。
 演説終了後、事務所入り。新たなビラや案内状の作成などの事務処理を行った後、挨拶回りに出陣します。
 挨拶に向かうべく車で幹線道路を走らせていると、民主党掲示板に貼ってあったはずの私のポスターが地域によってほとんど剥がされている事態に遭遇しました。また、なかには私の顔だけをくり貫いてあるものもあったりして。国政ではそういった話をよく聞いてはいましたが、まさか5議席もある県議選でそんな嫌がらせをされるとは・・。「いよいよ来たか」という感じですね。
 そもそもそうしたことをされる方は、新人の私のことをどれだけご存知なのでしょうか。まあ、知らないからこそできるという部分もあるのでしょうが、正直残念でなりません。何をそんなに恐れているんですかね。こんな33歳の若造に。
 夕方近く、新光電気工業労組さんの会議にて一言。春闘に向けお忙しい中お邪魔をさせて頂き有難うございました。
 夜、先日行った若者集会の打ち上げ会に遅れて参加。今や気のおけない仲間となった6人とともに酒を酌み交わしながら2次会、3次会へとはしご。気づけば2時まで楽しんでしまいました。みんな、ありがとうね。そしてこれからもよろしく!
 ポスターについては犯人探しなどするつもりは全くありませんが、これから剥がしたり傷つけたりする方は気をつけて下さい。見つかればれっきとした犯罪として罰せられてしまいますから。それでももし剥がすのであれば告示日直前にして下さい。こちらで剥がす手間が省けますので(笑)
 でもできれば剥がしたりくり貫いたりはされたくないなあ。なにせ1枚100円以上もするもんですので。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年03月17日

 今日は三ツ屋交差点での辻立ちからスタート。雪は降っていませんでしたがとても寒く、演説を終えると一気に手足がかじかんできました。そこで近くのナルスさんに飛び込みホットココアを一本。温かな液体が冷え切った体に暖を灯します。
 事務所入りし急ぎの事務を処理すると、すぐにとある団体の集会に出席。その後、「わんぱく相撲上越実行委員会」に駆けつけ、内山委員長を先頭とする上越JCの班別メンバーとともにお昼を取りながら「4月28日上越場所」の運営等について協議しました。
 委員会が終了すると、私にバトンを渡して下さる現職の県議杉田弘美先生とともに企業の挨拶まわり。先生、議会開会中のご多忙にもかかわらずお引きまわし下さりありがとうございました。
 杉田先生と別れると、今度は一人で挨拶まわり。夜、23日開催予定の「若者大集会」の打ち合わせ。そして時計の針が翌日を指しかけた頃、ようやく全日程が終了です。
 ところで、先日私宛てに自筆の手紙が届きました。その書き出しはこう。「厳しき世の中に立候補下さり、誠に有難うございます。」
 「頑張れ!」だとか「応援するよ!」というのはよくありますが、選挙に立つことを感謝されたのは初めて。何となくこちらからも御礼を申し上げたくなり、本日のひとり挨拶回りの最中、ご自宅に伺いました。
 「お留守だったらどうしよう・・」と、少しドキドキしながら元気良く「ごめんください!」。すると奥から、本人である81歳の女性が登場。自己紹介しお手紙の御礼を申し上げるととても喜んで下さいました。その証拠に、握手に込められた力がハンパぢゃないこと。
 彼女のお話で最も印象的だったのが「これ以上、田畑を荒らしたくありません。農家を守って頂きたくお願い致します。」という悲痛な訴えでした。これに対し私は、「はい、守って参ります!」と、力強い握手とともに約束致しました。
 農業は国の宝。そして、その農業を支えるのが農家・農村です。今、国は「品目横断的経営安定対策」という大規模農家を優遇する施策を推し進めていますが、これは「農業を生かして農村を殺す」もの。これからの県としての危急の課題は、中山間地を筆頭とする農家・農村対策に力を注ぐべきではないのでしょうか。
 奇しくも私の名前は「守」。国と市町村の間に位置する県の場から、農家・農村を守るべく熱く訴えて参ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年03月14日

 今日は石橋交差点のマクドナルド前で辻立ち。ここは海岸線に近いこともあり強風が吹きすさぶ場所。演説中、何度看板が倒されたことでしょうか。おかげで看板に貼り付けてあるポスターの写真もそろそろ賞味期限切れを起こしそうな勢いで汚れが目立ってきました。ポスターを変えるべきか、それともどうせ汚れるのだからこのままでいっちゃおうか。迷うところですね。
 演説を終え、子供たちを幼稚園に送り届けた後、事務処理。昼、とある方と選挙選の打ち合わせ。午後、再び事務所で溜まっていた懸案事項をこなします。
 夕方、信越化学労組さんの会議に参加させて頂き一言。三島さんや小山さんを始めとする皆さん、ありがとうございました。
 そして夜は「コーラスの会」にお邪魔。美声による素晴らしいハーモニーに酔いしれさせて頂きました。私も今度テノールあたりで一緒に咽喉を震わせて頂きますかね。
 話はガラッと変わりますが、遅ればせながら皆様にご報告があります。賢明なる本ブログ閲覧者なら恐らくご記憶に新しいことと存じますが、プロのレゲエミュージシャンであるシバヤンキーさん作詞作曲による「私の応援歌」がついに完成したのです。
 これがまたバカいいんですわ。短期間でしかも超過密スケジュールの合間を縫ってこんなにも素晴らしい曲を作ることのできるシバさんは神の領域。上越の若者の間で「カリスマ」と言われる由縁がよーく分かりました。とにかく皆さんにも聴いてもらいたい逸品です。興味のある方は、梅谷事務所までお問い合わせ下さい。シバさん、本当にありがとうございました。
 このように、応援して下さる方々の想いは正にかけがえのないもの。いち政治家として、その責任の重さを痛感するとともに、なんとしても当選を果たし、皆の想いを政策に変え、とことん上越して参る覚悟を新たにします。
 あっ!そういえば今日はホワイトデーでしたね・・・。上越JCの町田さん(男性)にお返しするの忘れてた。ごめんなさいね、先輩(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年03月14日

 本日は大手町交差点の高田郵便局前で辻立ち。さてさて、今日は一体どんなドラマが生まれるのでしょうか(笑)
 演説中、ひとりひとりの視線を確認しながら手振りをしていると、来た!目が合っちゃいました!!いつもの子供たちと!!!
 彼らは慣れた仕草で私を取り囲むと、「カードちょうだい!」コールを合唱。そのまま放っておくと大量の名刺を奪われかねないので、こちらから「ひとり1枚」案を提示しました。すると、なんと彼ら、「妹にもあげたいんだ。」と情に訴えてきたのです。すごいですね、今の子供たちは。私の泣き所を鋭く小突いてきました。そこで「人によってはひとり数枚」の例外規定を盛り込んだ改正案を改めて提示。即、可決成立し、皆に名刺を配っちゃいました。
 カードをもらい喜ぶ子供たち。そのうちの一人に「しゅうたろうくんだよね?」と問いかけると、「僕の名前をなんで知ってるの?」と怪訝そうな顔をされてしまいました。おいおい、しゅうたろう君、きみが先週教えてくれたんぢゃないですか・・。
 すると、この問答が起爆となり、他の子供たちが一斉に「僕○○!」、「僕は○○○!!」と自分の名前を私にぶつけてきました。「来週までに僕らの名前を覚えておいて」というのでしょうか。大変な宿題を課せられてしまったものです。良い子のみんな、あんまり「オジにいさん(おじさんとお兄さんの中間を意味する私の勝手な造語)」を困らせるんぢゃないぞ(笑)。
 演説終了後、事務所で事務処理や面会をこなし、挨拶まわりに出ます。そして夜、「(社)日本青年会議所/北陸信越地区新潟ブロック協議会 会長第6エリア公式訪問」の懇親会に遅れて出陣。妙高と糸魚川の熱き青年たちが集う中、安田理事長を始めとする上越JCの皆で、来る「第26回全国城下町シンポジウム上越大会」を宣伝して参りました。
 気づけば告示日まであと2週間余。子供たちからは未来を、そして上越JCの皆さんからは情熱とご指導を頂きながら、上越のとことんの発展に尽くして参ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加