2007年03月11日
2007年3月11日 おでん政治家

 今日は午前中、溜まっていた事務を家で処理することに。そして12時のお昼、同じ木田町内にお住まいの方からお誘いを頂戴し、ご自宅で開催の「おでんの会」に参加させて頂きました。
 私は好物のひとつにおでんを掲げています。自分のことなのにまことおかしな話なのですが、なぜ好きなのか自分でもよく分からないのですよね。小さい頃おでんと何かあったのでしょうか。でもとにかく大好き。なかでも「大根」と「こんにゃく」と「はんぺん」が。とはいえ、おでん屋なんてそうないですし、頻繁に食べているわけでもないので、本日は久々の「いただきます」です。
 ご主人は飲食店とは全く別の商売をされている方なのですが、料理に対するこだわりは凄い!食材は全て最高級のものを使用してますし、味付けもバッチリ。正直、私がこれまで食べたおでんで一番旨いですね。梅谷流格付けで言えば「おでん五ツ星」を差し上げちゃうほどです。ホントに。
 また、おでんだけじゃなく、お酒やおつまみも素晴らしいものばかり。この後、民主党6区の会という大事な集会があると分かっていながらも、アルコールまでたくさんゴクゴクしちゃいました。どうもごちそうさまでした。
 ご主人にお願いがあります。おでん屋開いて下さいよ。そしたら毎日のように食べに行っちゃいますから(笑)
 会を中座し、挨拶まわり。15時すぎから「かに池交差点」で辻立ちを。そして夕方、「民主党6区総支部総会&懇親会」に出席。妙高市選挙区の横尾さんと十日町選挙区の保坂さんとともに、約350名の前で一言決意表明をさせて頂くとともに、お一人お一人にご挨拶させて頂きました。
 懇親会終了後は打ち上げに参加し全日程を終了。結構アルコールが入る一日でした。
 おでんは煮込めば煮込むほど旨くなるというもの。政治家も市民の声にどっぷり浸かり数々の経験に煮込まれることで成長する生き物ではないのでしょうか。「味の悪い政治家」などと決して言われないよう、日々精進を重ねて参ります。
 

Comments are closed.