2007年12月11日

 今日は一般質問初日。10時から始まって、7名の議員が本会議場にて質問に立ちました。
 与えられている質問時間は一人につき30分。それに対し知事や関係部局長が答弁するので、1人あたり約1時間ほどかかります。それが7名なものですから、休憩があるといいながらも、67時間議場に座りっぱなしみたいなもの。エコノミー症候群に要注意です。こんな環境の中で、県政課題の吸収に努めつつも、明日のわが質問の糧とするべく、関連する各答弁に耳をすませて参りました。
 全議員の質問が終了すると時はすでに18時すぎ。明日の準備に向け、急ぎ宿泊先のホテルへGo!ここから第三者になったつもりで原稿の最終推敲作業に入ります。
 テーブルに向かい、すぐに終わるだろうとたかをくくって楽観して作業に入りました。ところが、折角作った質問が、よく読むと全体の流れを阻害するものもいくつかあったのでそれらを英断をもって「削除」したり、あわせて文字数調整なども行っていると、気づけばなんと最終稿が完成したのは12時過ぎ。目がショボショボです。
 これから10時間後には私にとって2度目となる一般質問本番です。明日に備え、十分な睡眠が不可欠。ということでおやすみなさいなさい。zzz
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月09日

 今日は私の34歳の誕生日。朝起きると、早速妻がお祝いの言葉とともにプレゼントをくれました。本当にありがたいものです。
 前々からこの日には日程を入れないようにしていました。自分へのプレゼントとして久々の休日にしたかったからです。そこで何をしたかというと、「ローマ人の物語(塩野七生著)」を読むことに。実はこの本、私の父から「政治家ならば必ず読んだ方がいい」と強く勧められていたもので、いつか読まねばと思っていたのです。
 古代ローマはなぜ比類なき大帝国を築き上げることができたのか。なぜ一千年もの長期にわたって維持できたのか。そしてなぜ衰亡したのか。文化の異なる海外なれど、政治に携わる者として、著者が感じた疑問を私も共有しつつそこから自分なりに教訓を学び取りながら、読破して参りたいと思います。
 それにしても、34歳になってしまうと、折角シバさんが作って下さった私の応援歌が使いづらくなるんですよね。なにせ歌詞に「33歳・・・」というくだりがあるものですから。まあ、いつまでも33歳のつもりで頑張るということでどうかご容赦下さい(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月09日

 朝起きて久々にわが子を抱くと、長男の体が赤く火照っていて異常なほど熱いぢゃないですか。試しに熱を測ってみるとなんと40度。急いで病院に連れて行き点滴で抗生物質を打ってもらいました。今日は私の長男次男の通う幼稚園が「音楽会」の日なのですが、これで残念ながら長男は欠席。次男のみの参加となってしまいました。
 昼過ぎ、妻とともに長女を抱っこして会場のリージョンプラザへ。そういえばここ最近、妻から「子供たちが歌が上手くなった」だの「大きな声で歌うのよ」といった報告を受けていたのですが、どうやらこの日のための練習のことだったんですね。練習の成果を試すことができない長男の気持ちを考えると切なくなります。
 妻に勧められるがまま「まだ早いんじゃないか」という思いを抱きながらも開演30分前に会場に伺うと、すでにほぼ満席。我が子の晴れ舞台を眼やカメラに焼き付けようとするパパさんママさんや祖父母さんの熱気で埋め尽くされていました。それでも、妻と離れ離れとはいえ、なんとか2人分の席を確保。固唾をのんで開演を待ちます。
 そしていよいよ開演。年長組による笛の無い鼓笛演奏からスタートし、お次は全児童による合唱。そしていよいよわが子の出番です。その開演を告げるどん帳が上がると、次男がいきなり舞台から楽屋目掛けて駆け出しいなくなってしまいました。次男よ、なぜに・・・。もちろん演奏は次男を待つことなどせず、園児たちの弾けんばかりのパワーが舞台を覆います。
 いなくなってから5分ほど経ったでしょうか。演奏と演奏の合間のタイミングを計り次男が駆け足で戻ってきました。後で知ったのですが、どうやらトイレだったようです。そういえば、戻ってきた時の顔はどことなくスッキリしていたね、次男よ。
 それにしても、わが子の活き活きとした活躍の姿はこんなにも嬉しいものなんですね。まさしくこれが親バカというものなのでしょう。こちらの居場所に気づいてもらうべく、次男に向かって必死で手を振ってしまいました。
 次男の出番が終わるとすぐに家に戻り、長男の看病と事務処理。夕方から2件の会を掛け持ちして一日が終了です。
 今日一日、いかに自分が親バカくんだったかということを改めて痛感させられる日でございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月08日

 時計の針が今日を告げた頃、ようやく質問原稿が完成!これからは推敲や文字数チェックなどの最終調整に入ることになります。
 質問項目は最終的に、①中越沖地震の復旧・復興について、②農業について、③教育について、④政策プラン評価委員会について、⑤上越地域の課題について(2014年問題&小木直江津航路問題)、⑥格差について、の6項目で決定。あとは知事の心にどれだけ訴えることのできる文章にするかが試されます。
 最終調整もほどほどに、目がショボショボしてきたのでここは一旦睡眠をとることに。床に就くと、あっと言う間に記憶がぶっ飛びました。
 8時起床。風呂と朝食を取り、9時過ぎに県議会へ。知事政策局の方と質問調整を行います。
 10時、本会議開会。本日は代表質問ということで、午前は自民、午後は民主が質疑。新たな情報が出ないか、知事答弁に集中です。ちなみに、午前と午後の間には「企業会計決算審査特別委員会」と「森林議連総会」に出席しました。
 本会議終了後、高速バスで上越へ。一旦事務所に寄り、その後上越JC「卒業忘年例会」に参加。この一年の労をねぎらうべく2次会まで出席しちゃいました。
 私の質問は11日の午前10時から。与えられた枠の中で、課題の解決に少しでもつなげるべく、知事の各課題に対する姿勢を問うたり問題点を掘り下げる質問などで熱く訴えて参りたいと思います。
 それにしても、これでやっと「カンヅメ」から開放される・・・嬉しいなあ(笑) 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年12月06日

 今日は議案調査日ということで議会はなくいわばお休みの日。ほぼ一日、質問原稿のチェックに終始しました。
 午前中から午後にかけてはほぼカンヅメ状態。特段人と会う予定などなかったのですが、夕方近くに急遽、質問打ち合わせのため知事政策局の方と農地部の方々にお会いすることになったので議会へ。その際、コンタクトに切り替えようか迷ったのですが、ワンデーアキビュー(1日で使い捨てのコンタクト)のため、またすぐにホテルに戻るのであればもったいないと考え、メガネ姿のままで執務室に入りました。
 私にとって初となる「メガネ議会デビュー」。(ヒロシ風に)なんだかちょっぴり恥ずかしくてまともに人の顔が見れません・・・。不思議ですね。自意識過剰なんでしょうか。メガネをかけると「シャイボーイ」となってしまう自分を発見してしまいました(笑)
 次にメガネ議員となるのは全くもって未定ですが、私がもし人目を避けるようにしていたら、それはメガネ姿ということでしょう。見かけたらからかってやって下さい(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加